富士見台高原をあるく。



展望台で、南アルプスの絶景を望み


e0348754_15462589.jpg


山道らしくない 歩きやすい道を歩き続けて、数十分。
神坂峠への分岐点。


e0348754_16475610.jpg


むむ!
富士見台パノラマルートで山頂まであと3.0kmとな。
あと少しではないですか。

この分岐は、舗装された林道ルートと 土がむき出しのパンラマルートにわかれています。
どちらでも山頂までは行けるはずですけれど、
舗装された道に飽きてきた私達は、土むき出しルートを選択しました。


やっと 山歩きらしい 木々に囲まれた道が出現。


e0348754_16523669.jpg


森、土、やっぱりいいですね~。
ショウジョウバカマに出会えました。


e0348754_07454368.jpg


アップダウン、かなりきついです。足に来る~。
そんな森歩きもつかの間、すぐに開けた道に。


e0348754_16565841.jpg




この山は「高原」と言うだけあり、殆どは背丈の低い笹に覆われた開けた景色です。
こういう山もあるんだと、新発見。開放感がハンパではありません。気持ちいい。

夏になると、日陰がほとんどないため 暑さ対策は必須でしょう。
風も強い日などは 大変なことだろうと思いながら歩きます。




頂上まであと1kmというところで、階段がつづきます。
これ、自分の足の幅にあわないから さらにキツイわ。


e0348754_07534355.jpg


左右は、腰の高さのクマザサに覆われています。


e0348754_07552912.jpg


見晴らしは最高。視界をさえぎるものがありません。


e0348754_07570686.jpg


頂上が見えてきた!


e0348754_07511965.jpg


振り向いて、「頂上だよ~、がんばれ~」と手をふる 健脚っ子mっち
mっちは、トレイルランニングもやっているから、余裕綽々。すごいわー!


e0348754_07580807.jpg


着きましたー!
富士見台高原 山頂 標高1,739m


e0348754_07591750.jpg


ガスがでて、遠くに雪をかぶるアルプス山脈は うっすらとしか見えません。


e0348754_08043652.jpg


歩いてきた道は しっかり見えます。
この 達成感、爽快感はなんとも言えません。


e0348754_08070267.jpg



さむい~。頂上は風が ものすごく強いです。
この山頂でお昼ごはんを、と 思っていましたが ちょっと無理そう。
ここは、10分ほどの休憩で すぐに下山することに。

いつも思うのですけれど、何時間もかけて歩いて登ってきても
山頂にいる時間って、数十分。ほんのわずか。
それでも、そのほんのわずかの時間を求めて歩くのです。
その刹那的な一瞬。言葉には出来ません。

(いえ、実際は 現場では「疲れた~」の言葉のオンパレード・笑)




e0348754_08141554.jpg


さて、お昼ごはんは 山頂直下の山荘で。
いつもと同じ、カップラーメン。


e0348754_17410114.jpg



これが ほんとに美味しいの~!
世界一美味しいラーメンは、山歩きで食べるカップ麺(笑)

お腹が満たされ、体力は 一瞬で回復
(した気がしますが、実際は回復力がない~^^;)

このラーメンも、いつもmっちが用意してくれます。
彼女は、健脚なだけではなくて、力もある!
軟弱な私達を引っ張ってくれる 心優しき友達に感謝(^^)






雲がひろがってきました。
このあと、花桃が待っていますので、すぐに下山。



e0348754_08203058.jpg


むふふふふ(*´艸`*)
白状しますね。
下りは リフトを使ってしまいました~!



私がブログをやっていることを知っているただひとり、Hちゃんと
このヘブンスそのはらを企画してくれたYさん。余裕で降りてくる~・笑


e0348754_08251427.jpg







そして、このあとに あの桃源郷、 花桃の里に足を運んだのでありました。


e0348754_08410936.jpg






夢のような時間 てんこ盛りの一日。






ヘブンスそのはらから、富士見台高原山頂までの 山歩き。そして花桃の里。
いつもながら、こんなに素敵な山歩きに一緒に行くことが出来る友達には 感謝しかありません。
また、行こうね~^^




ここまでお付き合い、ありがとうございます。







あ、そう言えば 葉っぱヤロー、ここでは姿を隠しておりました。
kayochaさん、ここのヤローはとても人見知りのようです・笑






2017、私のゴールデンウィーク!
[PR]
# by butanekoex | 2017-05-15 07:00 | 登山 | Trackback

水芭蕉を楽しんだあと、富士見台高原頂上を目指して歩きます。



霞がかかったような空気にもかかわらず、視界はかなり良好で 懸念していた山の寒さはまったく感じず。
5分ほど歩いて すぐに上着を一枚脱ぎました。暑い!
それほどにお天気には恵まれて。
私は 基本 雨女。私意外にひとり、ものすごいパワーの晴れ女がおりまする(笑)


りんどうコース 登山口 → 展望台まではリフト(7分)もありますが、私たちは歩きです。
さらに展望台からパノラマコースで 富士見台高原頂上までも歩きます。
登山口から頂上までのコースタイムは、 順調に歩いて約2時間半。休憩、食事を含むと3時間半を目安にというところでしょうか。




e0348754_15290559.jpg




久しぶりに いつもの4人揃っての山道は、とても歩きやすい まるで普通の道路のようでした。
私は内心、想像していたゴロタ石だらけの山道ではなくてラッキー♪なんて思ったりしたのです。
けれど 歩きにくい山道大好きな健脚の友達にはちょっと物足りなさそうな^^;

まあ、4人でおしゃべりしながら歩くにはちょうど良いということで。


歩きはじめて30分
横を見ると、絶景!



e0348754_15354934.jpg


南アルプスです。

e0348754_15355685.jpg




遠くの空に浮かび上がる山並みを見ると、山に来たんだーって あらためて実感。


やっぱりアルプス山脈は すごいなぁ。



e0348754_15364900.jpg




さて、もう少し頑張れば 第一目標の展望台。
おやつタイムを求めて ひと歩き。

道は相変わらず 歩きやすい。車も通る道路ですから 当然といえば当然です。
けれど傾斜は結構ありまして 運動不足の我が身、 当然息が切れてきます。
普段ランニングで鍛えているただひとりの健脚っ子 mっちだけは 全く平気そうでしたけど(笑)





展望台が見えました。疲れたー!
しかし いきなり走り出す健脚っ子 mっち
足元がルンルンしてる~

e0348754_15425434.jpg


展望台 標高1,602mからの 南アルプス

e0348754_15462589.jpg



右下には、リフト乗り場があります。

e0348754_16144185.jpg



ここでのおやつタイム、ちょっと時間を撮りすぎました^^;
写真を撮ることを忘れて おしゃべりが止まらない。
この時点で 11時をはるかにまわってしまっていて、、、
ここから頂上まで 順調に行ってもも1時間半はかかります。
もちろんお昼ごはんも 食べなくてはいけません。絶対にお昼ごはんは抜くことは出来ません。

計算が苦手な私に 計算が得意な友達が、「帰りはきっとギリギリだよ」と言います。
ロープウェイ最終便に乗れないと、駐車場まで標高差600mを歩いて降りなければなりませんから。
それでは 花桃も見ることが出来ません。

ここからは ちょっと急ぎ足で。



山頂直下の山荘までは、バス送迎サービスがあるようで、
何度も私達の横を そのバスが通りすぎて行きました。
の り た い (笑)
そうか、だから舗装されたような道が ずっと続いているんですね。



そんな感じで、山あるきっぽくない山道がつづきます(^m^)


e0348754_16200041.jpg


空は少しだけ、雲が多くなりました。

e0348754_16231943.jpg






つづきます。






2017、私のゴールデンウィーク!
[PR]
# by butanekoex | 2017-05-13 06:05 | 登山 | Trackback



5月 3日 快晴


花桃を満喫しようと企画した 日帰りの南信州 阿智村にて








お楽しみの花桃は、夕方に見に行くことにして。
なぜなら、阿智村行きのもう一つの目的 富士見台高原頂上を目指す登山があるのです。
いつもの4人、久々にそろいました。

友達が車をだしてくれて向かったのは、日本一の星空・天空の楽園と言われる「ヘブンスそのはら」。
駐車場からロープウェイにのって、降り立った場所は標高1,405m その名のとおりの天国なのでした。

このあと、いくつかの”初めて”に出会います。




e0348754_13353035.jpg




【ウィキペディアより】

ヘブンスそのはらSNOW WORLD(ヘブンスそのはらスノーワールド)は、長野県下伊那郡阿智村にあるスキー場。 スキー専用ゲレンデとなっており、スノーボードでの滑走はできない。 サンリオハローキティがゲレンデにやってくることで有名なため、子ども連れのファミリーに人気が高い。 またスキーシーズン以外も営業しており、遊歩道としてコースの一部が開放されている。ゲレンデ最上部には展望台があり、コース上部からは南アルプスが一望できる。




今回は 日帰りですので、日本一の星空は諦めて まずは遊歩道へ。
ロープウェイを降りて 最初に目についたのは、登山口ではなく 「水芭蕉の小径」。




e0348754_13355855.jpg


今が見頃だと書いてありましたよ。もう、これは向かうしかないよね。


e0348754_13453882.jpg



わお!咲いてる 咲いてる(*^^*)
この日最初の”初めて”は、水芭蕉。
わたくし、水芭蕉は 写真でしか見たことがなかったのでございます。うれしー!
こういうお花だったのね。意外に存在感がある 大きさ。
実は、もう少し密やかで華奢なお花だと 勝手にイメージしていました。


e0348754_13484117.jpg


それでも、野性味のあるこの花姿には やっぱり心惹かれます。すてきだわ。


e0348754_13491034.jpg


わかりますか?真ん中辺に 黄色の水芭蕉。


e0348754_13543501.jpg


黄色いのは、とても珍しいとか。
”初めて”見た水芭蕉、 黄色いのまで見ることができるなんて幸運なことですね。

そして、水芭蕉のそばには


e0348754_13560469.jpg


タマサキサクラソウ

e0348754_13561689.jpg


黄色のお花。名前わかりません。

e0348754_13573188.jpg



いきなり 憧れていた”初めて”に出会えて、テンションもあがっちゃう。

次に目についたのが このプレート。


e0348754_14015376.jpg



「カタクリ 見頃です」の一文。
え! カタクリ!?!?

私、カタクリには縁がありませんでした。
去年も今年も 見つけたのはかたい蕾。
決して珍しいお花ではないけれど、どうしても花開いた姿のカタクリには出会えていなかったのです。
それが、「み・ご・ろ」ですってー^^
みいさーん、カタクリ見頃ですってーーー(笑)
もう、行くしかないよね。




カタクリ 初撮り♡

e0348754_14405497.jpg


e0348754_14411175.jpg



可愛いカタクリ。やっと見ることができましたよ♪
森の妖精が、優しく私達を向かえてくれました^^
この日の2度目の”初めて”です。ばんざーい。


カタクリ以外にも たくさんの山野草が咲いていて この場だけを丸一日かけて散策したいほどでしたが、
このあと予定がつまっています。
ゆっくりじっくり 写真を撮ることが出来ないのが残念ではありますが、
なんとか 目にはいる野草を撮り歩きました。





トガクシショウマ
ひっそり感が すごく素敵 ベル型のお花って大好き^^

e0348754_14385780.jpg



シライトソウ
かなり地味

e0348754_14370248.jpg



オサバグサ
たったのひと株でした

e0348754_14371944.jpg



イワウチワ
なにこれ!なんて可愛らしいお花なのでしょう。

e0348754_14394837.jpg


イワウチワの群生は見事です。まさしくヘブン!
この日一番の美しさでした。

e0348754_14401097.jpg


e0348754_14400350.jpg





ここでしか出会うことができない”初めて”に、感謝の一言ですね。
わずか1時間にも満たない時間で これだけのお花達が向かえてくれる ヘブンスそのはらの遊歩道。


e0348754_17410439.jpg







このあとは りんどうコースにて 更に天国に近い場所 「富士見台高原 頂上 標高1,739m」を目指します。


気持ちいい青い空。



e0348754_14434587.jpg




2017、私のゴールデンウィーク!

[PR]
# by butanekoex | 2017-05-10 07:10 | 山歩き | Trackback
これは、去年のグリーンカーテンです。



e0348754_08190738.jpg



スカスカ。 グリーンカーテンの役割、まったく果たしていません(笑)
実を収穫するのがすっごく楽しみだったのに、蕾のひとつもつきませんでした。
ちくしょー(笑)

夏が過ぎても、蕪は元気だったので このまま苗を見捨てることも出来なくて
11月に蔓を剪定、二つの鉢に植え替えて室内にとりこみました。





去年の秋、鉢に植え替えしたパッションフルーツ
蔓だけになっています。背景が悪いから、わかりにくいか。


e0348754_13031153.jpg




室内では ひと冬の間に、ちゃんと芽吹いてくれましたよ。


e0348754_13055516.jpg




そろそろ、ベランダに出してもいい頃かな。

去年、蕾がつかなかったのは何故だろう。
つるぼけっていうやつか。
今年は少し肥料を少なめにして、様子をみようと思います。
可愛らしいお花と、美味しい実の収穫を目指して。
そして、今年の夏の暑さを少しでも防ぐ事が出来ますように~。カーテンの役割、頼んだよ^^




そのベランダでは、何年も植え替えしていないチャイブの花が (枯れた茎の隙間から)咲いていました。
可愛いね(*^^*)


e0348754_16031762.jpg



完全に放ったらかしにていたのに、なんて健気。
花が終わったら、若い新芽が おそうめんの薬味として活躍してくれることでしょう。ぬふふ~(^^)



庭では、収獲の終わった春菊、トウがたったまま これもわざと放ったらかしにしておいた♪
黄色の花がたくさん咲くと、それは見ごたえがあるのです^^


e0348754_07380208.jpg



春菊は、食べて美味しく 放ったらかしでお花までも楽しめる 素晴らしいお野菜ですね。
この場所、夏野菜を植えるための準備をしないとって思っているのですけれど
春菊の花の期間は結構長いので、なかなか引っこ抜けません。


e0348754_07380859.jpg





ピエール・ド・ロンサールが咲きはじめてくれました。
蕾が開きかけの姿が 一番好き♡


e0348754_07353162.jpg


4月に バラゾウムシに蕾の大半をやられていましたけれど、残りを死守した甲斐がありましたよ。
しかし!付いている蕾の数の少ないこと^^;
でも、今年もこの花姿を見ることが出来て よかったー。


e0348754_07362868.jpg











GW、飛び飛びでの小さな遊びを繰り返して楽しく過ごしたはいいけれど
体力の回復が例年以上におそいです。
さすがに 気持ちだけでは乗り切れない年齢か。みとめたくないわ(笑)
6日、7日の両方共、予定は入れずに 夏野菜の苗を買いに行くつもりだったのに、家から一歩も出ることができませんでした^^;;;
多分、黄砂アレルギー発症しています(涙)

今度の週末には 夏野菜の苗を なんとしても買いにでなくては。早くしないとって、焦ってます。
プチトマトと鷹の爪は 絶対に育てたいからね。あと、ピーマンとゴーヤ。
去年初挑戦した落花生も、面白かったなぁ。
あ、四角豆の苗も探さねば!どうか売っていますように~。
と、遅ればせながらも狭い庭での家庭菜園 野菜苗を頭の中で 厳選中。

そんな今週、 またもやうちのオッチャンの実家に行く予定もありまして。
体力回復のために、お肉をたくさん食べようと画策中~( ̄ー ̄)ニヤリ






[PR]
# by butanekoex | 2017-05-09 08:06 | 庭のこと | Trackback

江南藤まつりにて


4月 29日 土曜日の 江南市の藤まつり

曼陀羅寺公園にて




e0348754_10592488.jpg




 14世紀前半、後醍醐天皇の勅願で建立された尾張の名刹曼陀羅寺の隣が、藤の名所「曼陀羅寺公園」です。
 期間中は、早咲きから遅咲きの中にも、紫・紅・白と様々な色や、房は長く優雅な花房・短く可憐なもの・八重咲きのものと、たくさんの種類があり、園内の約60本が色鮮やかに咲き誇ります。




e0348754_11031224.jpg



e0348754_11033538.jpg


密に咲いている棚もあれば、まだこれからかな という棚もあり。


e0348754_11345759.jpg



e0348754_11360692.jpg


そして、美しい牡丹も藤に負けじと。


e0348754_11073505.jpg



e0348754_11084932.jpg


藤まつり中のイベントは、様々な催しを企画されているようで
私達が行った時は、「江南市縁の7人の戦国武将行列」を見ることができました。


e0348754_11161194.jpg


聞いたことがある武将の名前が次々と・・・。
でも、歴史に疎いため ここはさらーっと流します。


思いのほか、良かったのが、
というよりも、ものすごく感動した催しが「一宮北高等学校 和太鼓部 和太鼓演奏」。


e0348754_11205461.jpg


もう、和太鼓が体中に響き渡るのです。
高校生達の日々練習を積み重ねた演舞は圧巻で、ここで披露する姿も清々しいの一言!


e0348754_11230535.jpg



e0348754_11232702.jpg



本当に素晴らしい演舞に大拍手。もちろんアンコールも。
私達、若干涙目で 感動と興奮をもらいました。
こんなに頑張っているこの子達、これからどんな人生をおくるんだろうと、余計なことまで想像して(笑)




この時点で もうお腹がペコペコ
目に入るのは、藤の花と 「でんがく」の文字の のぼり旗(笑)


e0348754_11153314.jpg


ちょっとだけ遅めのお昼ごはん 「菜めし定食」と「おでん」をいただきました。


e0348754_11142549.jpg


甘めのお味噌のかかったおでんと 田楽の美味しいことと行ったら♪


e0348754_11302826.jpg



e0348754_11150227.jpg



あっという間に平らげて、また藤の写真を撮ろうと歩きはじめます。
何しろ、とても広い園内です。



e0348754_11055837.jpg



e0348754_11052019.jpg



e0348754_11384274.jpg




江南藤まつり、じっくりとむせるほどの藤の香りを堪能した一日でした。



e0348754_11394814.jpg



e0348754_11414823.jpg





ここまで、お付き合いいただき ありがとうございました。
GW 最初の日の清々しい1日でした。






2017、私のゴールデンウィーク!
[PR]
# by butanekoex | 2017-05-07 07:40 | おでかけ | Trackback

江南さんぽ


4月 29日 土曜日
午後からは雨になるとか・・・。
なので、午前中に思いっきりたくさん歩く企画に参加しました。


名鉄江南駅 スタートの、参加費無料の自由散策ハイキングです。
最初のポイント北野天神社ほか、全9ポイントを訪れて、最後江南駅ゴールの 距離 約10.5kmを歩きます。


メインは、江南藤まつりが開催されている曼陀羅寺公園です。
まずは、それ以外の場所を記録の意味で、さら~っとね。






最初のポイント 「①北野天神社」は
学業成就、合格祈願、家内安全にご利益があるといいます。


e0348754_15114197.jpg


北野天神社、殆ど写真を撮っていないので、乗用車がはいっているけれど、載せちゃいます。



シンボル、大きな筆の像のそばに
本物の筆がおいてあって

e0348754_15145343.jpg



水をつけて、ここに願い事を書くと、願いが叶うとか。

e0348754_15141164.jpg


ここに書いた願い事は ヒ・ミ・ツ




「②中央公園」「③江南市歴史民俗資料館」をとおりぬけ(写真ありません)



「④浄蓮寺」さんでの一枚

e0348754_15184820.jpg



「⑤前野屋敷跡」をすぎて(写真ありません)

「⑥前野天満社」で、おやつ休憩

e0348754_15285770.jpg


e0348754_15290732.jpg



友達からいただいた一口塩羊羹
とても蒸し暑い日になったので、こういう甘いものは嬉しいのです♪
その奥にある少しだけ見えているのは、白いブラックサンダー。友達の北海道旅行のお土産だよ♪

e0348754_15340626.jpg


ここまでで、約2時間弱歩きました。いい運動だわ♪

でも、なんだか正しい歩き方がよくわからなくなってきた。
太ももの裏側がダルいというか、なんというか。

時々 山を歩くようにはなったものの、
平坦な地面をじっくりと歩くことって ほとんどありませんからねぇ。
いけませんねぇ。


はぁー、しんどい。疲れたー。
そんな感じで ちょっと歩くのにも飽きて来た頃

「⑦観音寺」をぬけて(写真ありません)、



やっと、楽しみにしていた一番の目的地

藤の名所「⑧曼陀羅寺公園」に着きました。




e0348754_16013600.jpg




e0348754_15495212.jpg




ピンク色の藤から、濃い紫の八重、そして薄紫のまさしく藤色の藤。



ははは(*^^*)
こんな藤棚の出迎えに、2時間歩いた疲れもふっとんで行きましたわ。



e0348754_16040813.jpg





最後のポイント「⑨御菓子司 柏屋」さんで
少しだけお菓子を試食。
なんというお菓子なのか 忘れてしまいましたけれど、わらび餅のような美味しい和菓子でした。

最後のポイントをすぎて、江南駅がゴール!
その時には、空模様が怪しくなり・・・ポツポツと・・・。


駅で解散、帰宅のためにホームにはいると、カミナリと横殴りの大雨。
うわ~! まだ 歩いている人、絶対にいるはずだし・・・。
私達は、ギリギリ雨に濡れることもなく 楽しい時間を過ごすことができました。
雨女パワー、少し弱くなってきたかも~。




電車沿線ハイキングのイベントは 各社様々なコースで行われているようです。
山歩きもいいけれど、身近な町をじっくりと歩いて見るのもいいものですね。





次は、江南藤祭りの様子をアップします!
急いで記事をまとめます^^;






2017、私のゴールデンウィーク!
[PR]
# by butanekoex | 2017-05-06 11:11 | お散歩 | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代夫婦の日々。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko
カレンダー