3月4日 土曜日 快晴

今年2回目のひとり山歩きです。





e0348754_21432008.jpg



春近しとは言え、低山とは言え、山は山。
まだまだひんやり寒い朝でした。

いつもは 道樹山→大谷山→弥勒山 の3つの山を歩くのですけれど
今回はちょっとズルして 大谷山方面の登山口より 弥勒山のみに
ここのところ、もう治ったはずの腰痛を理由に 体を動かしていないの。
(ナマケモノの言い訳・笑)
暖かくなってからの山シーズンのためには、少しでも鍛えておかねば・・・。
と 思いつつも 今回は無理せずゆったり歩くことに。




弥勒山の山頂にて。



伊吹山

e0348754_21072778.jpg



御嶽山

e0348754_21073726.jpg


春霞で眺望は望めないかもと期待せずに行ったのですが、予想に反して見晴らしは最高!
アルプスの山並みまでも綺麗に見えました。
気持ちいいー!





朝の9時、山頂に設置してある野鳥の水飲み場には 氷がはっていました。
気温は0℃と1℃の間くらいです。



写真、わかりにくいね
e0348754_21212680.jpg


何羽もの ヤマガラが 頭上をひらひらと飛びまわっています。



可愛いヤマガラ

e0348754_21332941.jpg


e0348754_21324552.jpg




常連さんが毎日通って エサをあげているとのこと。


少し奥に行ってみると 鳥小屋が設置されていました。
今まで何度も足を運んでいるのに、ぜんぜん気づかなかったわ。


e0348754_21212681.jpg



下りの途中の「花の道」での休憩所で・・・。
(私が勝手に「花の道」と呼んでいます)



テーブルとイス、新しくなっていた。

e0348754_21354071.jpg



ここで、この場所で製作したのかな。
地面には、たくさんの木を削った後が残ってるし。
e0348754_14012044.jpg


↓ 今年の1月の写真
木が朽ちて、ボロボロでした。

e0348754_11023073.jpg




この削った木の破片も、 近いうちに土にかえるのでしょう。

まだ 朝日と言ってもいい時間の太陽が眩しいね。

e0348754_21412601.jpg


e0348754_21414979.jpg





「花の道」、春の野草が咲き始めるのは あとひと月くらい先かなぁ。
そんなことを思いながらしばらく歩くと、まっすぐな木々に覆われた道にはいります。




足元に 落ち椿 1輪

e0348754_11075333.jpg



見上げると、ヤブツバキ 1輪

e0348754_11080623.jpg


e0348754_11081456.jpg




この山に通いはじめて まだ数年だけど
それぞれ季節の姿を知ることが出来るようになりました。
春の時期にはどんな花が、夏の空気はどうなんだろうか、秋と冬には・・・。


季節ごと変化はあれど、行くたびに新鮮な気持ちになるのです。
それは、こんな新芽を見つけることが出来るせいかもしれません。

e0348754_11123928.jpg



そして、どんな季節でも変わらずに私を向かえてくれる 可愛いコヤツ(*´艸`*)


おなじみ、葉っぱヤロー

e0348754_11125061.jpg



里山の春は もう少し先



e0348754_11142241.jpg








コンデジを持って歩くのが 嬉しくて、楽しくて、気持ちよくて 仕方ない
春日井の里山の ひとり山歩きです。



今回も、おつきあいありがとうございます。







[PR]
by butanekoex | 2017-03-13 08:15 | 山歩き 春日井三山 | Trackback



おや?

e0348754_21462532.jpg



おやおや~??

e0348754_21464209.jpg


よいしょっと

e0348754_21465227.jpg


方向転換

e0348754_21470680.jpg



ふう・・・。

e0348754_21483238.jpg

と、思ったら

あれれ・・・

e0348754_21484380.jpg


さようならーーー。

なぜ、陸にあがったのだろうか(笑)






道樹山の麓の管理池にて

e0348754_21443359.jpg



梅もほころぶ3月だけど、この日の朝は いつにも増して空気が冷たい。
陽射しは春なのにね。


3月の最初の休日、ひとり山歩きに行きました。


場所はいつもの春日井の山。







一歩 山に踏み込むと、春を待ち焦がれているミツバツツジの新芽たち。


e0348754_21555878.jpg



3月の低山
春はまだ遠いのか、本当に冷たい空気で 私の面積の広い頬も鼻のてっぺんも氷のよう(笑)
でも、野鳥の声はまぎれもなく春が近いと言っているようです。




右を見ても左を見ても、まっすぐな木々。

e0348754_22012857.jpg


お決まりのアングルで、一枚。

e0348754_21594960.jpg


さくさくと歩きます。
どんなに空気が冷たくても、無心で歩くと寒さも忘れちゃいます。
じんわりと汗。気持ちいい。

山のにおいが好き。
山の空気が好き。
ここに来ると、山がほんとに好きだって思うのです。





[PR]
by butanekoex | 2017-03-12 09:13 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

まるばつの空



こんな空も ありかな。


e0348754_22060654.jpg





山を歩いていて、ふと空を見ると・・・
いえ、何かいい写真が撮れないかとキョロキョロしながら空をみると


ばってんの飛行機雲と、まる~い日の光が・・・。


なんだか嬉しくなった一瞬でした。









Pさんも、ばってんのひこうき雲アップされてましたね(*^^*)
昨日おじゃました時に 私もこの写真があったことを思い出して、慌ててアップしちゃいました♪




[PR]
by butanekoex | 2017-01-19 07:30 | 山歩き 春日井三山 | Trackback


一 望 !



e0348754_13143961.jpg



弥勒山頂上は これまでにないほどの眺望でした。

見晴台から順に右まわりに。





伊吹山

e0348754_13194661.jpg



能郷白山

e0348754_13195493.jpg



白山連峰

e0348754_13203588.jpg



御嶽山

e0348754_13210369.jpg



中央アルプス

e0348754_13212007.jpg



気温は、0.3℃くらいかな。
見晴らし台に設置されている温度計は
ギリギリ氷点下になっていないように見えるけど、どうかしら。

e0348754_13235784.jpg




これだけの山々を見ることが出来る幸せ。
これだけの山々を見ることが出来るから、またここに来たくなる。



そして、頭上に 可愛い姿を発見。



e0348754_13275103.jpg




ヤマガラです。
近くまで来るのに、私の腕では すばしっこくて なかなかうまく撮れないわ^^;
でもね、このお天気とこの絶景と。そして可愛い野鳥に会えた この瞬間は 忘れられない時間となったことは間違いありません。


さて、そろそろ下山。
弥勒山からおりて行く道は、もう歩きにくい場所はありません。
それでも軟弱な膝のため、痛くならないように、ゆっくりと歩き始めました。
しかも、膝をかばって歩くから すごくヘンな恰好で(笑)
知っている人には この姿は絶対に見せられないわ^^;



ほどなくあらわれる 最初の休憩所。



e0348754_13342422.jpg



ここから先の道を 私は「花の道」と呼んでいます。
春になると、様々な野花や山野草が咲いている道。
でも、1月の今は 花はほとんど見ることが出来ません。





・・・・・・冬枯れ・・・・・・


そんな表現がしっくりとくるような。


e0348754_13402029.jpg


e0348754_13402734.jpg



e0348754_13403448.jpg


e0348754_13404257.jpg


e0348754_13405373.jpg


こんな 枯れた姿も美しく見えるのは、山にいるからかなぁ。
そんな事を思いながら(ヘンな恰好で)歩いていると、次の休憩所が見えました。


e0348754_13410530.jpg


おや・・・。
手すりに可愛らしい残り物が・・・。


e0348754_13411350.jpg


ふふ。
去年のことだけど、ここはこの山の常連さんのおかげで ヤマガラを至近距離から撮影出来た場所。
先程 弥勒山の頂上でヤマガラに会えたので、きっと今年もここにヤマガラがいるだろうと密かに期待していたのよね。

この日は、私ひとりだけでしたが すぐにやって来ましたよ。


e0348754_13412235.jpg



餌付けされているようで、人の姿をみると 近くにやって来ます。
私はエサを持っていないので これが精一杯の近くで撮ることが出来た写真です。
何十枚も写真を撮ったのに、まともに撮れたのはこれだけって・・・(汗)しかも顔が見えないし^^;

去年は、常連さんの手からエサを食べていて、超至近距離から写真を撮ることが出来たんだわ。
その時 人の手に乗る野鳥を見て 複雑な気持ちになりました。
山に住む 野鳥に餌付け・・・。

それでも 近くに来てくれると嬉しくなっちゃうの。
もう、嬉しくて可愛くて 夢中になっちゃうの。
食べ物の少なくなるこの時期だからこそ、それもありなのかな。。。
でも、年に数回しかここに来ない私には、これ以上の事は発言する資格はないわね。

やっぱり、私は野鳥へのエサやりは 自宅の庭だけにしよう。(自分に甘い^^;バタピーはあげないよ。みかんだけね)
次に来るときも 君たちにごはんはあげないよ。

いつまでもここで可愛い野鳥達の姿を見ることが出来ますように・・・と願いながら この場をあとにしました。




e0348754_13583326.jpg



e0348754_13584350.jpg



時間は 午前10時半をまわり すっかり日も高くなりました。
ひんやりとした空気は 日が高くても変わりなく。


e0348754_13591583.jpg


e0348754_13595054.jpg




ログハウスが見えたら山歩きが終わります。
隣接している植物園に着く頃には、いい感じにお腹も空いてきて。




e0348754_15141807.jpg


このテーブルで、弱った膝を休めておやつを食べたあとは、
隣接している植物園へ。


e0348754_15142777.jpg




はぁー・・・。やっぱり大好き、春日井三山。
今年の初山歩きも、忘れられないものとなり、「また、すぐに来るね」と誓ったのであります。

















*******~~~~*******~~~~*******~~~~*******~~~~*******

本日も、コメント欄を閉じさせていただいています。
でもでも、何かありましたら ↓ コチラのコメント欄にどうぞお越しくださいね(^^)





[PR]
by butanekoex | 2017-01-11 06:19 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

今年最初の山歩き。




e0348754_13101346.jpg



お正月のなまった体に活を入れるべく、向かった春日井三山は いつものとおり
道樹山 → 大谷山 → 弥勒山
の定番コースを歩きます。



↓ 去年の初山歩きの記事です。お時間があれば見てください。





登山口に着く前から 私につきまとっている コヤツは・・・

愛らしい顔をした 葉っぱヤロー(笑)



e0348754_13102059.jpg



今日は、随分と早くお目見えだわ。
葉っぱヤローは、私の山歩きにはなくてはならない (現地調達の)相棒です。
はいはい、お待たせしましたね。
この可愛い葉っぱと一緒に登山口に向かいます。

e0348754_09293122.jpg

e0348754_12151750.jpg


少し気の早いミツバツツジと 地元のかたがたに愛されている お地蔵さんに見送られて。
今年の山への第一歩。



e0348754_12163033.jpg



年末からお正月にかけて、鈍りきった心と体が 一気に浄化される瞬間。


一歩一歩。
ゆっくりと歩を進める。



e0348754_12174244.jpg




木々の間からこぼれる光が 心地よい。
聞こえるのは 遠くの風の音。樹の葉の擦れる音。時折甲高い野鳥の声。
そう、人工的な音はまったくない まさしく自然の音色です。



e0348754_12175128.jpg


ゆっくり、ゆっくり。
とにかくゆっくり。
冷たい空気の中でも、体が温まってくる。じんわりと汗がでてくる。それがとても気持ちいい。


途中の東屋の屋根に 枯れ葉が残っています。
たしか、去年もここで 同じような写真を撮った記憶があるわ。
ふふ。こういう寂れた雰囲気が大好き。



e0348754_12180472.jpg


最初の目的地の 道樹山頂上は約一時間ほどで着きました。
お社で、一休み。
誰も居ないわ。ひっそりとした私の初詣は、今年もここです。



e0348754_12310340.jpg


e0348754_12311736.jpg



一休みと言っても、少しじっとしていると すぐに体が冷えてきます。
ポカリを2~3口飲んで。鼻をかんで(笑)。そして次の大谷山を目指そう。


大谷山までは 尾根歩きになるので、傾斜はそれほどではありません。
木の根っこが飛び出している道が多いので、転ばないようにきをつけながら ずんずんと歩くと
あっという間に着いちゃいます。

e0348754_12340920.jpg


最初の道樹山と、ここ 大谷山は 眺望が期待できないので さらっと流しちゃいました。
こういうのも、ひとりだと自由でいいなぁ。


眺望。。。
次に目指す 弥勒山の眺望を期待して。






続きます。









*******~~~~*******~~~~*******~~~~*******~~~~*******


今日も、コメント欄を閉じさせていただいています。
でもでも、何かありましたら ↓ コチラのコメント欄にどうぞお越しくださいね(^^)












[PR]
by butanekoex | 2017-01-09 14:14 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

里山の朝日


2017年 1月 7日 快晴




e0348754_13102360.jpg



今年のひとり山歩き初めは、大好きな春日井の里山から。




朝7時半。
日はすでに登りはじめています。
気温は何℃なんだろう。
身を切るような冷たい空気の中、登山口に向かう途中の池が眩しくて。



e0348754_13101699.jpg


e0348754_13102661.jpg


天気は最高
楽しくなる予感。








00000010_12221915.png
[PR]
by butanekoex | 2017-01-08 13:38 | 山歩き 春日井三山 | Trackback | Comments(42)

紅葉の記録 ~池田山



池田山の紅葉も、記録として。


綺麗な紅葉を、もっと綺麗に撮りたいと思って、
極彩色モードで撮ってみたのだけど・・・





e0348754_08312880.jpg


e0348754_08311772.jpg


e0348754_08305355.jpg


e0348754_08324670.jpg


e0348754_08335202.jpg



ちょっと色目が強すぎかなぁ。
私の腕では、これで精一杯。
やっぱり、次からはあまり使わないかもね。

でも、撮っていると、ちょっとクセになるモード^^;
今回は、記録として アップしておこう。






昨日は、年に一度のお墓参りに神奈川に行きました。
その記事は、またゆるりとアップしていきたいと思っています。


e0348754_08330517.jpg





さて、本格的に冬モード。









***~~~***~~~***~~~***~~~***~~~***



すみません、本日も、コメント欄を閉じさせていただいています。

何かご連絡等ございましたら、少し前のこちらの記事のコメント欄に
がんがんとメッセージをお願い致します(^^)






00000010_13281537.png



[PR]
by butanekoex | 2016-12-03 06:45 | 登山 | Trackback


e0348754_12581115.jpg

サクサクの落ち葉の道を歩きつづけました。


e0348754_14311208.jpg




00000010_13281537.png







いばらの小径という、なんだか瞑想でも出来そうな道を通って、少し横道にそれると現れる鳥居は 焼石神社です。

e0348754_14305798.jpg

そして、美しい「池田の森」に到着。
眺望がすばらしく、濃尾平野を一望!



恵那山、能郷白山、白山、御嶽山、南アルプスが見えます。
でも、相変わらず どこがどの山なのか・・・。



地図で調べました。中央が御嶽ではないかと・・・。

e0348754_14514216.jpg



この山並みのどこかが恵那山のはず。

e0348754_14520890.jpg


お天気がよく、空気が冷たいおかげでしょうか、 遠くまでも見ることが出来ました。

下の写真は、ハングライダーの発着場です。濃尾平野と、遠くの山並みに向かって飛び立つんだろうなぁ。
気持ちよさそう。でも残念ながらこの日はひとりもプレーしている人がいませんでした。

e0348754_14563430.jpg


さらに紅葉!
ハングライダーの発着場の手前にある小広場に美しい映り込みの小さな池があります。

e0348754_15035665.jpg


e0348754_15045208.jpg


この小広場の向かい側にある、綺麗に手入れされた 池田の森では
燃える紅葉の奥に ナツツバキが今が盛りと咲き誇っていていました。

e0348754_21482843.jpg


e0348754_21464056.jpg



e0348754_21434814.jpg



さらに10分ほど歩くと、次のビューポイント、「森の駅」にでます。
駅といっても、定時の電車もとまらないし、線路もないし。

e0348754_21500849.jpg


食事が出来る、小さな売店・・・という感じでしょうか。とろろご飯が美味しいと聞いたのですが・・・
おやつを食べたばかりなので 森の駅は素通りして、すぐ横の眺望を見に行きました。

伊吹山、霊仙山、烏帽子山、養老山地などが見えているのですが、、、


e0348754_21542756.jpg


e0348754_21543165.jpg

ふふ。もうおわかりでしょう。私は、どれがどの山かは わかりません。
ただ、山がすごく近かったー!
多分、手前の黒っぽい 一番近い大きな山は、伊吹山ではないかと・・・。
地図を見ると、池田山と伊吹山はとても近いのです。
そして、奥の大きな山は、地図でみる場所で判断すると、霊仙山では、、、。
過去に、そのふたつの山にも登ったのですが、両方とも大雨の登山で まるで修行だったこと、思い出しちゃったわ^^;

ああ、お天気がいい山って最高ね♪ あらためて実感。
ああ、またこの場所でゆっくりしてしまった。そろそろ頂上を目指さねば。


森の駅からは、森の中の細い尾根を歩きます。



e0348754_22015068.jpg


細いけど、ちゃんと道になっているのです。
歩きやすい(^^)
スピードをあげて、あるく。あるく。あるく。。。かなりピッチをあげました^^;
やっと、道の先が開けてきて。



e0348754_22024060.jpg


頂上 到着!
やっと着いたのは、12時10分。
最初に目にはいってきたのは、展望台。ゆっくり歩いて3時間半で登頂でした♪


e0348754_22043621.jpg


この、展望台の裏っ側に三角点。
めだたないわー。ほんとにここが頂上なのかと探してしまったよ(笑)


e0348754_22082777.jpg



展望台からの眺めは 申し分ありません。

e0348754_11361936.jpg


e0348754_11371400.jpg


e0348754_11371156.jpg


とにかく、見える山が近いのです。感動!
角度により、3000m級の雪に覆われた遠くの山と、近くの岐阜200名山。池田山頂上は その両方共を臨む事ができる、素晴らしい山でした。





15分ほど、頂上の展望台で写真を撮り、またまたおやつを食べた後に下山。
そう、実はまだお昼ごはんを食べていないから おやつだけではお腹がもちません(笑)
予定では、午後2時には登山口まで戻れる計算だったのだけど・・・この調子だとちょっと無理か。
膝痛持ちの下りに弱いbutanekoです。予定通りにはいかないわ^^;

でも、またまたピッチを上げて山を降りること 2時間半。
下りは、朝とはまた違った景色に フラフラと写真タイムも撮りながらあるき続けて・・・。



e0348754_11472069.jpg


e0348754_11473231.jpg


やっと登山口に着いたのは、午後3時でした。
登り3時間半、下り2時間半という歩行時間は、平均コースタイム5時間を少々オーバーしたものの、それは想定内。
早く温泉に行って、ゆったりお湯に浸かりたい~!
そして超遅めの昼食にありつきたいわ~!!

そう、最初はおにぎりを持って行って 頂上で昼食を、と思っていましたが
麓にはとてもいい温泉があると聞いていたので、せっかくならそこで食事にしようと急遽変更。
でも途中でおにぎりを持って来ればよかったと、後悔したことはここだけの話しです。







下山後は、湯華の郷でゆ~ったりと(*^^*)



e0348754_11565843.jpg


約6時間歩いた体をゆったりと緩めて、天然温泉はとってもヌルっとしていてびっくり。
濃尾平野を見ながら、先ほど頂上からみた山々を 露天風呂から眺めるひととき。
そして、、、なんと午後4時の昼食を。





漬け丼定食(正式名称、忘れてます^^;) 1,200円

e0348754_11572073.jpg

マグロの漬け丼、山菜天ぷら とろろ 冬瓜のとろっとしたお吸い物 香の物のセットです。
珍しい山菜の天ぷらがとてもサクサクで、凄く美味しかった。
時間がこれほど遅くなっても これを食べることができたので
やっぱりおにぎりではなく ここで食事してよかった(*^^*)


デザートはクリームぜんざい 350円

e0348754_11571624.jpg

登山をされない方は、ここの温泉にくるだけでも価値があるのではないかしら♪
はぁ~~~。最高(^^)
この後、友達の車で友達の家に戻ってから、私はさらに電車で帰宅するという、まだ少し長い行程が残ってはいますけど(⌒▽⌒;;)





晴天のもと、秋の池田山登山と紅葉狩りに行って 気持ちよく12月に、、、さらには年末に向かえます。
春になったら行きたい場所がまたひとつ 増えちゃったわ。どうしようemoticon-0136-giggle.gif









おまけ。
私達を監視していた 山歩き恒例の「葉っぱヤロー」
ちょっと、地味~~~な目鼻立ちのヤローだわ。
実は、今回は親子でした(´艸`)
こども、何人いるかわかりますかー(笑)

e0348754_11483411.jpg










***~~~***~~~***~~~***~~~***~~~***



本日も、コメント欄を閉じさせていただいています。

何かご連絡等ございましたら、少し前のこちらの記事のコメント欄に
がんがんとメッセージをお願い致します(^^)










[PR]
by butanekoex | 2016-11-29 07:38 | 登山 | Trackback

池田山頂上を目指して 。


あまりにも美しいグラデーションの下を歩きはじめます。



e0348754_12032382.jpg



e0348754_12012645.jpg




紅葉を撮る、山友をパチリ

e0348754_12015491.jpg



このモミジの下を程なく歩くと 鳥獣害防止対策の扉があります。


e0348754_12070089.jpg


ここを通って いよいよ山へ。
道はいきなり傾斜がきつくなりました。


e0348754_12085648.jpg


e0348754_12101492.jpg



急な坂道をゆっくりと 登って行きます。
カラフルな落ち葉 サクサクが気持ちいい。


e0348754_12111431.jpg

e0348754_12115547.jpg



山の中の木々は さすがに霞間ヶ渓のような紅葉はありません。
それでも、ところどころに赤や黄色の葉が残っていました。

気温はなかなかに低く、じっとしているとすぐに冷えくるし、指先も手袋がないと辛いほど。


e0348754_12133825.jpg



でも、急な坂を一生懸命歩くので 暑くてすぐにフリースもぬいじゃいました。
お天気がいいと 気持ちもあがっちゃう。
これは、上の眺望が楽しみだわ~♪

2時間ほど歩くと 東屋が見えて来ました。


e0348754_12403561.jpg


え!?!?まだ東屋??

地図を見ると、東屋は頂上までの道で まだ3分の1を過ぎたくらいです。
ちょっとゆっくりし過ぎかな^^;
なにしろ、少しでも色づいた葉をみると つい足を止めて写真を撮ってしまう。
ちょっとピッチをあげよう。

この山の登山道は、舗装された遊歩道が並走しています。
そして、その遊歩道は車も通るので、山を歩く目的ではなくても眺望のよい場所まで来ることが出来ます。
そんな道と交差する場所などは まだまだ紅葉が残っていて、
ピッチをあげると決めたのに、やっぱり歩を止めて写真を撮ってしまう私達。



e0348754_12494272.jpg


e0348754_13160160.jpg




山の麓の街並みを一望できる「眺望の丘」にて小休憩。


e0348754_13025748.jpg

実は、お腹がすっごく空いてきていたので
ここの見晴らしのいい場所でおやつタイム。


e0348754_13093056.jpg

わわ!友達が持って来ていたのは、川上屋の季節限定 柿の実きんとんだ!
いただきまーす^^

e0348754_13061518.jpg

少しでも休むと、寒くなってきます。空気はやっぱり冷たいのだわ。
温かいコーヒーがしみる~。

e0348754_13061891.jpg


お腹が落ち着いたので 休憩を終えて、再度歩きはじめます。
時間は、11時10分。


頂上まで 後少し。














***~~~***~~~***~~~***~~~***~~~***



すみません、コメント欄は今日も閉じさせていただいています。


何かご連絡等ございましたら、少し前のこちらの記事のコメント欄に
がんがんとメッセージをお願い致します(^^)

















00000010_13281537.png



[PR]
by butanekoex | 2016-11-27 09:36 | 登山 | Trackback

11月 23日 水曜日 快晴
秋も深まり朝夕は冷え込みも強い今日このごろ。これ以上寒くなる前に 山に行きたいと思っていたところです。
この日は山友と二人、岐阜県揖斐郡に位置する 霞間ヶ渓から登る 池田山登山に行きました。




e0348754_10060720.jpg











霞間ヶ渓 → 眺望の丘・焼石神社 ・池田の森→ 森の駅 → 池田山
と、いうコースタイム約5時間のルートです。
池田山の標高は、923.72m 登山口標高90m 最大標高差 約830m 歩行距離 約14kmと
決して高い山ではありませんが、なかなかハードな山あるきになりそう。
紅葉の写真も撮りたいので、コースタイムオーバーは必至ですが、今回は山友と二人での入山です。
慌てず 焦らず、今の山を楽しみたいと 始発の電車に乗って出発したのであります。



この日、最も美しかった登山口に位置する 霞間ヶ渓の紅葉の写真を数枚。





e0348754_10432946.jpg



e0348754_10443359.jpg


e0348754_10434048.jpg



e0348754_10444546.jpg



e0348754_10582890.jpg




渓谷全体が、国の天然記念物に指定されているだけあり、その美しさは言葉では言い表すことが難しいほど。
この時間、紅葉シーズンでもあるし 早朝から大勢の人でごった返しているかも・・・と思っていたのですが
意外や意外。人がほとんどいませんでした。
静かだし、綺麗だし、頂上まで行かずに ここだけでも満足できるかもemoticon-0136-giggle.gif
おっと、いけないいけない。目的は紅葉狩り&登山です。



AM8:40 山歩き開始!


e0348754_10464231.jpg



空気はひんやりと冷たく、フリースを来てあるき始めました。





e0348754_10544422.jpg







00000010_13281537.png



[PR]
by butanekoex | 2016-11-26 11:03 | 登山 | Trackback | Comments(36)

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代夫婦の日々。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko