人気ブログランキング |

9月 秋の坪庭散策 八ヶ岳連邦にて





蓼科山山頂の絶景に感動を受けたあとに向かった
北八ヶ岳ロープウェイ乗り場




e0348754_13172105.jpg

前回最後と同じ写真・・・使いまわしでございます。







まずはロープウェイに乗り、目指したのは
1週約30分ほどの散策路 10万坪の坪庭です




e0348754_13234588.jpg


ロープウェイから見る蓼科山







e0348754_13240559.jpg

八ヶ岳横岳 10万坪の坪庭

ロープウェイを降りるとすぐに、坪庭の入り口です
ここから左側には北横岳へ行く登山口に、
右側には縞枯山へ行く登山口へつながっています






ここから2組に分かれての行動となりました



①北横岳登山チーム・・・2名

北横岳登山の二人は普段からマラソンをやっている健脚の持ち主
〈ベテラン Hさん〉と、私を山に引き込んだ友人




②坪庭散策チーム・・・4名

山初心者の私を含め、マラソンをやらないメンバーに
〈山の師匠 Iさん〉がお付き合いくださった




今回のメンバーの力量がはっきりとしたチーム分け(笑)



北横岳は、蓼科山よりも歩きやすい山なのだそうですが、
時間が押しているため、安全を考慮して諦めました
次のお楽しみということで



と、言いながら
実は蓼科山の下りの道で尻餅をつき、
膝はすでにガクガクだった私
残念な気持ち半分と、ほっとした気持ち半分(^^;



次に行くまでにもっと鍛えねば!って決心したところです
(この決心、うーん、去年の乗鞍の時にも思ったはず・・・)






さて、登山チーム二人が早々と駆け足で出発したあとに
私たち、散策チームは優雅に歩きはじめました。


もう重たいザックもいらない
飲み物は、〈山の師匠 Iさん〉が4人分をお持ちくださり
30分で1週出来るコースをみっちり1時間半もかけての坪庭歩き(^^)


これはとても楽しかった~


危険な場所も、急な坂道もありません
ゴロタ石はいたるところにあるのですが、登山靴をはいているので平気平気
〈山の師匠 Iさん〉は何度もここに来られていらっしゃるので
まるでガイドさんのように説明もしてくださります


いたれりつくせりとはこのことだわ~




歩きやすい木道も整備されています




e0348754_13243219.jpg
e0348754_13250601.jpg





今の時期は、すでに花が終わっています
8月までなら、たくさんの高山植物に会えたはず
シャクナゲが有名なようです
今回は、花後ではありますが、
この雄大なお庭をゆっくり歩きました



e0348754_13281860.jpg







左手にみえる縞枯山


縞枯山はその名の通り 縞枯れ現象 が古くからみられる山

骨のような木々がいたるところに、山肌にささるように生えている
とても不思議な風景です




e0348754_13283574.jpg





木道のあとには、またゴロタ石の散策路

歩く道が変化するのも楽しい
これは計算されたことなのか、それともただ整備が追いつかないのか・・・
どちらにしても、バランスはいい感じ






e0348754_13284521.jpg




ルートは気付かないうちにカーブしています

横を見るたびに、ちがう景色が目に飛び込む




e0348754_13285722.jpg






ここ、北横岳坪庭は冬の樹氷でも見ごたえのある場所だそうです
たくさんの木々は真っ白に、そして銀色に変化するとのこと

この巨岩も
冬にはモンスターに変身するみたい



e0348754_13290519.jpg






夏の高山植物も見たいし、
冬の樹氷も見たい!
なのに、私は秋に訪れた・・・

気候がもっともいいのは秋だから、これはこれで良しですね







さて、ここからは
坪庭からちょっとはずれて、
縞枯山へ向かうルートにはいってみました


〈山の師匠 Iさん〉が、30分で散策が終わってはもったいないと、案内してくださったのです。





木道は、坪庭の散策路よりも古びていて
ところどころ朽ちている

山の麓の木道歩きですが、
ハイキンギコースとはまた違う

整備されていて、整備されすぎていない
のどかな雰囲気です



e0348754_13354384.jpg





ナナカマドの実がなっていました

子供の頃に住んでいた北海道では
いたるところで目にしていたナナカマド

今住んでいる愛知県では、ほとんど見ることがない
すごく嬉しくなりました




e0348754_13355990.jpg







e0348754_13355180.jpg






ちょっと開けた場所にでたら・・・

まぁー!ステキ!
かわいらしい山小屋がポツンと建っている

ヨーロッパの片田舎を思わせる風情です




e0348754_13360439.jpg




天気がいいから、
青空と雲と緑のコントラストがすばらしく、
その自然のなかの人工物がこんなになじんでいるなんて・・・




e0348754_13361142.jpg



山小屋 縞枯山荘です
ここのテラスでちょっと休憩を・・・




e0348754_13362414.jpg




ここで座って休憩をとっていたら、
管理人の方がこられて・・・

「宿泊客以外のお客様にはご遠慮いただいております」
と、やんわりと退席をお願いされちゃいました

あらら~・・・そうでしたか
失礼いたしましたと、すごすごと退散(笑)

5分ほどですが休憩はできたし、まあいいでしょう







遠くに歩いている人影は、
縞枯山登山を終えた登山者です
お疲れ様でした




e0348754_13361657.jpg






のどかな散策を終え、ロープウェイ乗り場にもどり、
今回の秋の大イベント
蓼科山登山と、坪庭散策は終了~




PM4:30






e0348754_13362917.jpg






ところで
北横岳登山チーム2名ですが・・・
コースタイム2時間のところ、
1時間半ですでにロープウェイ乗り場に戻っていた042.gif


どんだけ早い!?
どんだけタフ!!??
さすがマラソンチーム、トレイルランニングもたまに行っているみたいで
今回も、「ここは走るとこ」として行ってきたらしい


ふふふ・・・
蓼科山は、私たちのペースに合わせてくれていました
その分、北横岳で発散したのでしょう


彼らは筋肉痛とは無縁です
ちなみに、私はこのあと
お尻の打ち身と筋肉痛に悩まされることとなりました(笑)










日常とは違う世界に身をおいて
感動の達成感と心地いい疲労感を手に入れて

日帰り温泉につかり、
信州そばを食べて帰途につきました









今回は
花にはほとんど出会うことがありませんでしたが、
その中でもやっと見つけたお花です


e0348754_13391819.jpg







蓼科山荘にてゲットした手ぬぐい2枚と
ポケットサイズの花の冊子


e0348754_13363444.jpg









さ~て
これでこの記事は終わり・・・なのですが、

ひとつご報告いたします



前回記事の冒頭につかった写真




コレ


e0348754_13122218.jpg



あまりにも気に入ってしまって
最初に貼り付けていしまいました


このかっこいい人、
今回同行していただいた〈ベテラン Hさん〉です


かくし撮り大成功!


素敵な後ろ姿でしょう053.gif


このかた、この日が64歳のお誕生日でした
頭・・・ちょっとウスいです(笑) 


〈山の師匠 Iさん〉も64歳 頭・・・ウスいです(笑)






このお二人のように年齢を重ねて行きたいなぁ~003.gif








トラックバックURL : https://crstlszm.exblog.jp/tb/23699278
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by butanekoex | 2015-09-22 09:13 | 山歩き | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko