東大台を歩く 大台ケ原




このたび、仲良くさせていただいているブログ友達さんより、「山クラブのクラブ長」の称号をいただきました(笑)
なんと恐れ多いことか!
これまでの人生で、リーダー的な立場を経験したことがない私としては責任重大だと心得ました。
さて、いかにしてクラブ長の職をこなしていくべきか・・・。

そこで、これからの山に関する記事は「山クラブ」のタグで投稿しようと思います。
今後、タグ投稿以外での活動がどうなるかは、流れにまかせることにして(^m^)

今後共、「山クラブ」どうぞよろしくお願い致します。
皆様も、どうぞ「山クラブ」タグで 山の記事を投稿してくださいね029.gif





さてさて、「山クラブ」発足後の、butaneko最初の記事は『大台ケ原』です。
またまたゆっくりペースの記事となってしまいますが、お付き合いをよろしくお願いいたします。






****************************************************************
****************************************************************






10月23日 日曜日 曇り

健脚の友達と二人、予てから念願の大台ケ原登山ツアーに行きました。
百名山の中でも、ここは山全体が特別天然記念物に指定され、秘境と言われる神秘的な大台ケ原。




e0348754_07583772.jpg






詳しくは、こちらをご参考に。




奈良県と三重県の県境に位置する 標高1695.1mの日出ケ岳登頂と大蛇?(だいじゃぐら)の紅葉を見る山歩きです。
大台ケ原は 屋久島に並ぶと言われるほどの多雨地帯である為、ツアー予約してからは 天気予報がずっと気になっていました。
なので カッパだけは忘れないようにと ザックに早々と詰め込み、そのザックは防水スプレーで保護、準備万端。

私が歩いたのは、東大台の一般登山者向けのコースです。
登山・・・といっても、1,573.7mの登山口から頂上の標高差わずか120mの登山道は綺麗に整備され、とても歩きやすく、どちらかというとハイキング感覚でしょうか。




朝、7時20分の名古屋駅集合
現地登山口についたのは、11時半です。名古屋からだと日帰りで行ける百名山では もっとも遠い場所とか。
今回も、嬉しいお弁当付き。現地では雨の可能性もあるので、食事はバスの中。





八百彦本店の「秋味美選」

e0348754_08020216.jpg





お腹がいっぱいになった頃に 到着です。
登山口では、気温は12度。寒い!
空も鉛色・・・。雨、降りそうで降らない。この状態で一日持ちますようにと願掛けをして。


e0348754_07572730.jpg




国を上げて自然を守っている大台ケ原は 野生動物も生息しているようです。
のっけからこんな看板に、ドキドキ。



e0348754_08191301.jpg



幸い 熊がコースに現れることはありませんでした。ほっとした(^^)
歩き初めたころから、すでにあたりは 色づいた木々が いたるところに。



e0348754_08061268.jpg




e0348754_08202192.jpg




深い深い、森の匂いに包まれた山歩きがはじまりました。








ゆっくりですが、続きます。







[PR]
トラックバックURL : https://crstlszm.exblog.jp/tb/24774534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by butanekoex | 2016-10-30 08:35 | 登山 | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko