「魚匠 大西」さんの 煮魚定食



年に一度のお墓参りを終えて
お腹が空きすぎている状態での昼食は、 熱海 「魚匠 大西」さんで♪
このお店での食事も この数年、年に一度の恒例となっております。


e0348754_07480443.jpg



まずはピールでね。

e0348754_07520190.jpg

うちのオッチャンと 姉はこのあと熱燗になるのですが
日本酒が飲めないbutanekoは 最初のビール1杯でゴキゲンに♪



単品の「お刺身3種盛り」 800円

e0348754_07534452.jpg
アジ・マグロ・アオリイカ
関東のマグロは脂のノリがちがうのかしら。中トロのようにまったりと美味しかったです。



単品「桜えびのかきあげ」 800円

e0348754_07535374.jpg

お塩と天つゆ、好きな方でいただきます。
揚げた桜えびって、海老の風味が格段とアップするのですね。
香ばしさといったら言葉になりません。サクサクの揚げ具合が凄腕!



一番楽しみにしていた 「煮魚定食」 1,200円
キンメの煮付けにごはん、お味噌汁、 お漬物がついています。
これを食べたくて、毎年訪れるようになりました♪

e0348754_07532490.jpg

関東風の 色の濃いお出しは 創業より注ぎたしの秘伝のお味だそう。
真っ黒なのに 辛すぎることがない 、関西出身のうちのオッチャンも惚れこんだ絶品の味。
脂ののったキンメのふっくらとした身がコックリ・ホロホロ。しあわせ^^
お魚の横の黒い四角は お豆腐です。この 味のしみたお豆腐がまた 最高!!!

e0348754_07533356.jpg


ここで、塩辛を追加注文したところ、今年はイカがまだあがっていなくて 仕込みが出来ていないそうでした。残念~~~
と、思っていたら

大将が シラスのお造りをサービスしてくださいましたよ\(^o^)/


e0348754_07540070.jpg

つるんとろんぷりんの 甘いシラスには、私よりもうちのオッチャンが大喜びでした。
海の街でなければ、新鮮な生のシラスは なかなか口にすることが出来ないものね。
熱燗追加注文は必至です。(私は呑まないけど^^v)




店内は、少し薄暗くて 最初に目にはいるのはカウンター。
小料理屋をイメージしてはいったら なんだか昔のスナックの雰囲気がしてドキっとします。
そこで引き返しては行けません(笑)
後ろには 少しだけ座敷があります。


私達はカウンターの角に座りました。
お昼は結構混んでいて ちょうど角が3席あいていた^^

e0348754_06571365.jpg

お品書き、なかなかの・・・というよりも
素晴らしいセンスだと思いませんか。
こんな字のお品書きのお店は 絶対に料理も美味しいに決っているのです。

e0348754_06571810.jpg




ここの女将さんのキャラ、年々控えめになってきているような・・・。
はじめてこのお店にはいった時の 強烈さを感じないのが 少し淋しいな・・・。
それとも、その強烈さに慣れちゃったのかも。
どのようなキャラかは 私の口からはちょっと言えません。
気になるかたは、「熱海 大西」で検索してみてくださいませ。
さまざまな方が、同じような印象を受けていて、読んでいると結構笑っちゃいます(*´艸`*)
ちなみに、私は女将さんのファンです♡


なんと言ってもお料理は、何度もリピートしたいと思うほどで やっぱり最高でした♪
お値段も この量でこのお味だと かなりリーズナブル。
来年もきっと お世話になることでしょう♪






去年も行った 熱海の大にしさんとお土産屋さんの食事の記事は、コチラです。 ↓



お腹がいっぱいになったあとは、お土産を買いに 彷徨います。




[PR]
トラックバックURL : https://crstlszm.exblog.jp/tb/25029777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by butanekoex | 2016-12-09 07:14 | 外で食べること | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko