感動の上高地

人のいない河童橋をあとに
ふかふかの雪道を歩きます。




e0348754_15561820.jpg


ふかふか

ふかふか

途中、野生のお猿さんが登場。それもすごくたくさん、次から次へと現れる。
向こうからこっち、近くにどんどん寄ってくる。
なんか、食べ物を貰おうとしているのかな。
それとも襲おうとしてる?ひぇ~(°°;)
けっこう大きな猿。こんなに近くで、しかもオリとかない状態だと なかなかの恐怖を感じるものです。
目をあわさないように、写真を撮るなんて余裕は全くなく 超早足になるー。
どこにこんな体力が残っていたんだ~?

ここはお猿さん達の居場所だからね。私達がよそ者。
ごめんごめん、おじゃましました。
(雪の上には、お猿さんのナニもたくさん落ちていましたよ^^; 踏まないように慎重に)



雪道のスノーシューに 疲労もピークに達したころ、
朝とはまったく違う景色の大正池が私達を迎えてくれたのです。



e0348754_16054285.jpg


e0348754_16063609.jpg



e0348754_16065714.jpg


モノクロモードではないけれど、モノクロに。
この日の朝、あんなに近くに見えた焼岳は
午後3時には気配さえ感じることが出来ませんでした。

2018年 1月 13日 上高地にて






厳冬の山歩き。
凍える上高地。
刻々と変化していく美しい光景の 刹那的な尊さに
寒さとは別の震える感情を覚えた時間でありました。

しかし疲れた! 寒かった!
ザックに入れていたペットボトルのお茶はすぐに凍ってしまって、ただの荷物と化してしまった。
冬の上高地は、保温水筒は必須だね^^









こーるどふぉとこんてすと



[PR]
トラックバックURL : https://crstlszm.exblog.jp/tb/27112235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by butanekoex | 2018-03-02 07:00 | 山歩き | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko