行ける時に、行ける場所に

e0348754_11350705.jpg




さて、このあと 私以外の3人はそれぞれの目標地を目指して出発。


e0348754_11263574.jpg




ハイマツに覆われた 細い稜線に小さくなっていく姿。いってらっしゃーい。


e0348754_11271143.jpg




3人を見送り、しばし丸山からの眺めを堪能したあと、来た道を引き返しました。


e0348754_11274503.jpg




e0348754_11280633.jpg




西穂山荘で、ひとりで写真を撮りながら 3人の戻りを待つ間
次から次へと登山者が来ては さらなるピークを求めて過ぎ去ります。


e0348754_10083000.jpg




山荘から横、少し離れたスペースは、カラフルなテント場


e0348754_11285106.jpg




その横に、お花畑が広がっています。
青い花が一面。
ヤチトリカブトだと思われます。すごくきれい。


e0348754_11282613.jpg




日帰り登山しかしたことがないので
いつかここにテント泊して、満天の星空をみてみたいなぁ
なんて思いを馳せながら、3人の戻りを待っていました。
(そもそも、テントを担いでなんて今の体力では難しいので、あくまでも夢のお話です^^)


e0348754_11330797.jpg




みんなが戻ったら、お楽しみの昼食。カップラーメンが待っている♪

ザックをおろし、
次のそれぞれの目標地の話を楽しんで下山するまでの時間を惜しみました。



e0348754_07234348.jpg








次に行ける日があるなんて、誰にもわからないから
行ける時に、行ける場所に。

無理はしないけど、気合が少しの無理を消し去ってくれるのです。
次に行けると信じて、次の目標は独標まで。





e0348754_11252628.jpg





8月4日 西穂高にて

ここまでお付き合い、ありがとうございました。









去年の夏の出来事で、標高2,000mを超える山に行く日はもう一生無いかも・・・。
というより、一生無いものと決めつけて 感傷に浸ることもあったけれど
今年1月に見た上高地からの景色に心震え、あの日見た西穂高に今回来ることが出来ました。
こんなヨロヨロの私を誘ってくれた友達に心から感謝です。





お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
[PR]
トラックバックURL : https://crstlszm.exblog.jp/tb/27507119
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by butanekoex | 2018-08-19 07:34 | 登山 | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko