ごんぎつねの里にて


e0348754_06040748.jpg





愛知県半田市は、教科書にも採用される有名な童話「ごんぎつね」の里と言われています。

散策した 矢勝川提周辺は 童話の世界そのままの のどかな里山風景が広がり・・・
と、半田市の公式ホームページには載っているのでしたが、、、
すみません、ワタクシ、ごんぎつねのお話はすっかり忘れてしまっています。

それでも、ここの風景にいやされ、しばし(妄想の中での)童話の世界にひたることができました。




自由奔放な ごんげん山のきつね達

e0348754_06114742.jpg



e0348754_06120439.jpg



矢勝川提のたんぼアート、 なんに見える?

e0348754_06123640.jpg

正解: カタツムリ





矢勝川のすぐ近く、「ごんぎつね」の作者である新見南吉さんの生家を見学しました。


お勝手場は狭い階段をおりてすぐ。

e0348754_06201498.jpg



e0348754_06233172.jpg


e0348754_06234328.jpg



e0348754_06235624.jpg




「くど」
竈(くどとは、. 竈(かまど)のうち、その後部に位置する煙の排出部を意味する
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigationJump to search



e0348754_06305856.jpg


e0348754_06305291.jpg



いっとき、ほんの いっとき南吉さんの生きた時代を感じたような気がします。






この地域では、きつねがとても愛されているのでしょう。


e0348754_06324602.jpg






9月 23日
愛知県 半田市にて








色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!


[PR]
by butanekoex | 2018-10-03 06:40 | おでかけ

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko