西穂丸山へ

西穂高ロープウェイの始発に乗るための 名古屋出発は深夜1時半。
私は友達の家に前泊させていただき、4時間の睡眠は確保できるはずが
久しぶりの登山に 少々興奮気味で 1時間おきに目が覚める。
この感覚、まさしく小学生の時の運動会の前日・笑

目的地の駐車場には余裕をもって朝の5時に着きましたが、すでにたくさんの登山者の車で空いた場所を探しました。
やっぱり、すごく人気の山なんだなぁ。

登山口までは、楽々 ロープウェイで一気に2,156mまで標高を上げ
登山届を提出してから登山開始です。

これから山に登るという瞬間、目指す山並みを望む時、なんとも言えない高揚感に包まれます。





e0348754_10000893.jpg




初級コース、西穂山荘までは 特に歩きにくいことは無いという印象。
そう、歩きやすい道のはずなのに 私のなまった肉体にはかなりキツい。
めっちゃくちゃ しんどい。

友達は、楽しそうにおしゃべりしながら余裕で登っているのに、私一人でゼイゼイハアハア^^;
息があがって、途中で泣きたくるのを何度も我慢。
そろそろホントに泣いてやろうか!と思ったところで





目の前に、ぱぁーーーーーっと。




西穂山荘!


e0348754_11121253.jpg






はっはっはー(#^^#)
着いたぜ、山荘!
目標達成。軽いわ。
コースタイム 90分です。

と、ここからの景色を見たとたん、先ほどの泣きたいほどのキツさを一瞬で忘れるという調子の良さ。
実はね、ここまでで写真を撮る余裕も、周りを見る余裕もまったく無し。
なので、いきなりの山荘の写真です。
なのに、軽いわと言い切ってみる(笑)






さて、ここから先 「丸山」までのコースタイムは約20分。
行けるかな・・・?。
20分なら・・・行きたいな。


行ける、行ける!自己暗示。
15分ほど休憩を取った後、西穂丸山を目指して出発しました。






西穂山荘の向こうには、焼岳の勇壮な姿
さらに後ろには乗鞍岳


e0348754_10112308.jpg






歩きだして5分。
で、ポキッ。

いきなりの大きな岩のぼりの急登に直面し、ここで心がポッキリ、折れました。

「無理」と、足を止め
「山荘まで引き返して、私は一人でみんなの帰りを待つわ」
と、体を反転させたのですが、
友達は完璧な名古屋弁で、
「あきらめ早っ!! なに言っとんの~。まだ歩きだして5分じゃん、もう少し頑張ろうよ。この岩場はすぐに終わるて~」
と、私の背中をぐいぐいと押してくれるのです。
そうかな。もう少しだけ頑張れるかなと、なんとか折れた心をつなぎ合わせて。。。


その言葉のとおり、大きな岩場はじきに終わり、やがて歩きやすいハイマツの道にでました。
そこからは、あのポッキリの心もどこへやら。





e0348754_10302872.jpg




西穂丸山
丸い稜線のピークに着きました。
2度目の目標達成に、充実感。くーっ、泣けるわ。


諦めかけた気持ちをふるい戻してくれた友達に感謝です。


ここから、西穂独標が見えます。
さらにその向こうには 美しい三角、ピラミッドピークも。





↓の塊が独標です
その左には、三角形のお手本のようなミラミッドピーク


e0348754_10314885.jpg



少しだけ、ズームにすると
独標の上にたくさんの人が見えます

私には、毛がまばらに生えている何かの頭に見える・笑


e0348754_11053621.jpg





やっぱり来てよかった。
あそこで諦めて引き返していたら、この景色を知らずに終わるところだったのですから。





e0348754_11112323.jpg










お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
[PR]
# by butanekoex | 2018-08-14 07:28 | 登山 | Trackback

夏山

e0348754_08134991.jpg




8月4日 土曜日 快晴!


晴れ続きの今年の夏

北アルプスの空は 深い、深い 青。





e0348754_05283022.jpg





この夏の猛暑を逃れるべく向かったのは 北アルプス 西穂高。

2年越しの夏山です。


西穂高口駅登山口(標高2140m) → 西穂山荘(標高2370m) → 西穂丸山(標高2452m) → 西穂独標(標高2701m)

いくつかの小さいピーク → ピラミッドピーク(標高2740m) → 西穂高主峰(標高2909m)


初級コースは独標までです。

独標から向こうは夢の世界、私は決して足を踏み入れることはありません。ははは。


しかも、もともと体力が無いところに加えてのこの連日の暑さと 万年運動不足で

この日は登山自体が大きな不安。完全に 自信喪失ぎみでした。

友達は、そんな私でも行けるだろうと

「まずは西穂山荘を目指そうよ」と、うまい誘い文句。

そうか。まずは一番近い目標地なら行けるかな、と

気合を入れなおして出かけたのであります。


私以外のメンバーは、独標まで、そしてピラミッドピークまでを目指すと言う

それぞれのレベルに合わせての山行。





名古屋の猛暑とは異世界の、すがすがしい1日が始まりました。










お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
[PR]
# by butanekoex | 2018-08-11 08:20 | 登山 | Trackback

てんてん

これ、なーんだ!



e0348754_08125237.jpg



正解は、たわし






ではなくて、

天草なのでございます。



e0348754_08131905.jpg



と、いうことで
ところてんを作ってみた



e0348754_15225314.jpg





仕上がりは、いかなご釘煮がはいっていたタッパーにいれて、冷蔵庫に。


e0348754_08132525.jpg



とても非オシャレな入れ物だけど、
大きさと、厚みの薄さがちょうど良かったのです。


天草から作るところてんは、風味と言うか香りがとてもよくて
スーパーで買うモノとはまったく違うと知りました。







友達が、お通じがよくなると
わざわざお取り寄せして送ってくれた ところてん。


ところてん突きまで一緒にはいっていていましたよ。


e0348754_08133228.jpg



目が粗いので、仕上がりは ぶっといところてんになります(笑)
(写真を撮り忘れています^^;)






天草を手にいれることはそうそうないので
これはしばらく眺めるだけになりそうです。
ところてんをつく以外に使い道、あるのかな。

でも、眺めるだけでも飽きない。
昭和を思い出す形状で美しいものです。






[PR]
# by butanekoex | 2018-08-08 08:21 | いただきもの | Trackback

夏景色


白樺湖にて フォトハイキング




先生
先生なら、あの白鳥をどのように撮りますでしょうか?と、聞いてみた。



こうなりました。






e0348754_14053019.jpg





私は、この2本のオールの存在には気が付かなかったのです。
とても夏らしい1枚。
この日 一番のお気に入りの写真となりました。
先生、ありがとうございます!
今度は 自分の力でお気に入りを増やせるようにしたいなぁ。







とても有意義な 1日でありました。





e0348754_07282524.jpg





7月 15日 白樺湖にて












約ひと月前に申し込んだフォトハイキングツアーでした。
猛暑続きで体調はイマイチ。
でも、少し気持ちに気合を入れて出かけたら、こんなにも充実した1日となり
行く前の不調などはきれいさっぱりと消えてしまいました。
無理は絶対にしないけど、気合が少しの無理を消し去ってくれる。


行ける時に、行ける場所に。





お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
[PR]
# by butanekoex | 2018-08-01 08:44 | 山歩き | Trackback
車山高原から白樺湖へ
フォトインストラクター同行のハイキングツアーです。





e0348754_13503628.jpg



白樺の白と、湖面に映る雲の白
太陽光の加減で白の対比を楽しみました。










1週間前に先生は今回のコースを下見に行かれ、撮影ポイントを確認されたそうです。
でも、このツアーの日までの数日で草刈りが行われたようで
撮影ポイントのひとつがなくなってしまったとのこと。
ベンチと植物がすごく素敵な場所だったそうで、先生は何度も残念だとおっしゃっていました。
そうと聞くと 私も残念。
その場を一気に通り越し、白樺湖沿いを歩きます。





e0348754_13410172.jpg






e0348754_14011657.jpg





e0348754_14004677.jpg





白鳥がいました。


e0348754_14045345.jpg





最後の撮影指導箇所の池の平神社に向かいます。
水の中に建っている鳥居は堂々として
蓼科山や八ヶ岳と共にこの湖を見守り続けているのでしょう。




e0348754_14090606.jpg





鳥居正面からの一枚


e0348754_14121057.jpg





山と鳥居を撮ろうとしたところ、
鳥居の上の部分が 後ろの山にかかってしまって
ちょっと残念な一枚になってました。


e0348754_14094229.jpg





神社での撮影も終わり
後は駐車場に戻るばかり。
その間の道々も、皆 なにか良いものを撮ろうと
カメラをしまうことなく歩いています。
水鳥とか、ルピナスとか、空き家とか。



空は雲行きが怪しくなってきて
時折 雷の音も聞こえだしました。





e0348754_14205759.jpg





7月 15日 白樺湖にて











駐車場に着いたとたんに、激しい雨が。
この雨は、私たちがバスに乗ってからもしばらく降り続き
「長野県記録的短時間大雨情報」なるものが発表されたとスマホに臨時のメッセージ。
濡れたのは、バスに乗り込むほんの少し。
これは、私の雨女を払拭できたということでしょうか。
それとも、最後に雨女パワーを炸裂させたということ?
深くは考えずに ご機嫌で帰途についた1日でした。




いつも思いのままに デジカメで撮りまくっています。
フォトハイキングツアーは今回が4回目。
いいカメラを持っている方々にいろいろ教えていただきながら
プロのアドバイスもいただける楽しい時間に感謝です。








お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
[PR]
# by butanekoex | 2018-07-28 09:35 | 山歩き | Trackback
吸い込まれるような青空の下
もくもくぷかぷかの雲の下




e0348754_12025184.jpg




車山スカイプラザから 白樺湖方面に向かって
大自然の空気を満喫しながらのフォトハイキングツアー。

フォトハイキングツアーはその名のとおり
写真を撮ることが目的です。
決められた時間に決められた場所を通過すればいいので
ツアーの隊列を気にすることなく じっくりと撮ることが出来るのが嬉しいです。





だだっ広い草原を、思い思いに楽しむ。


e0348754_12255735.jpg



草原の遊歩道を歩いていきます。
ゴロタ石の道はつまづきそうになりますが、
緩い坂道で、特に歩きにくいことはありません。
おろしたての登山靴の試し履きにはぴったりかも^^



e0348754_12323963.jpg




目の前には どっしりとした蓼科山


e0348754_12225757.jpg




八ヶ岳連峰をバックに


e0348754_12321957.jpg



虫撮りは苦手なのですけれど、
絵になるので、何度か挑戦。
やっぱり難しい。
じっとしてくれ。



e0348754_12442835.jpg



あ、トンボ。


先生、このトンボ。
先生ならどう撮るのでしょうか?と聞いてみた。



e0348754_12465599.jpg



こうなりました。
山をバックに、縦のラインを強調。
「逃げるなよ、逃げるなよ」と、ずっと呪文のように呟きながら^^



e0348754_12483839.jpg






空が・・・半分青い


e0348754_12544712.jpg






7月 15日 車山高原にて





余談
コースの右下の車道の一部分に メロディーロード」と名のついた区画があります。
ツアーの添乗員さんの「メロディーロード」の説明がすごーく面白い(´▽`)
以下、私の記憶を思い起こして、添乗員さんの説明をメモしておきます。


メロディーロードは 車が通ると、音楽が聞こえる仕組みになっているからそう名付けてあるそうです。
知らない人は ほぼいないんじゃないかな~。
ふーふふー ふーふふふー (←ここでいきなりハミング・笑。)
これ、名曲ですよね。ほんとにいい曲ですよ。
なのにメロディーロードで聞こえるのはすごくすごく気持ち悪いんです。
何度聞いても、気味が悪くてね~。
ぞーーーっとするというか、おえーっとなるんです。
皆様、メロディーロードの横を歩く時は是非とも聞いてみてくださいね。気持ち悪いですから。




「おえーっ」って・・・(;一_一)

これ、おすすめなのか、すすめていないのかよくわからないんだけど(笑)
何度も「気持ち悪い」と言う添乗員さん。
面白すぎやないかーい。

メロディーロード、これはどう聞こえるか聞いてみるしかないと
興味をそそられたのは事実です。


で、どう聞こえたかはね。
ふふふ。ここでは言わないでおくー(#^^#)
気になる人は、ぜひともその場に行って 聞いてみてください。
メロディーロードがどう聞こえるかはともかく、スカボロフェアは間違いなく名曲です。


[PR]
# by butanekoex | 2018-07-24 15:01 | 山歩き | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko