カテゴリ:山歩き 春日井三山( 44 )

萩の花道





e0348754_08132400.jpg




6月 24日はものすごく良いお天気で
弥勒山からの眺望も最高でした。




御嶽山の頂上付近には 雲がかかっています。


e0348754_08181912.jpg




e0348754_08182496.jpg




右にカメラを移すと 中央アルプスもくっきり


e0348754_08183395.jpg






下山の道々では
今からが盛りとなる 萩の花があちこちに。





この角度から見る萩の花が好きです。


e0348754_12533984.jpg





これからの春日井の山、しばらくは 萩を楽しむひとり山歩きとなることでしょう。





e0348754_08134732.jpg





e0348754_08140371.jpg











あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-07-02 08:20 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

6月
コアジサイを求めて3度ほど 春日井三山に行きました。
9日に行った時は、可愛らしい薄水色の花はほんの少しで
まだ咲きはじめだと決めつけて
その翌週と翌々週に しつこく足を運んだりしたのです。





e0348754_13420893.jpg




でもでも

行ってがっくり。
9日よりも花が無いではないですか。



6月 16日

e0348754_13442817.jpg





9日に行った時でも もう終わりかけだったのかな。
と、思うと急に足に疲れが・・・^^;






6月 24日

e0348754_20544126.jpg




やっぱり花がありません。

通りすがりの常連さんが
「ひと月ほど前だったら、ふわふわの青い花がたくさん咲いてたよ」


・・・ですって。

ああ、そうか。
今年は春からどの花も 早めに花が咲いていたなぁと
今更思いおこしました。
そう。
コアジサイだけが前年と同じ時期であるはずもなく。





大好きなコアジサイ、今年見ることが出来たのは ほんの少しだけ。
とてもとても残念だったけれど、少しだけでも見ることが出来てよかったと思います。

花が終わった緑色も とてもすてき。





そして 萩とヒメジョオンはますます元気が増しているのでした。



6月 16日

e0348754_13530597.jpg


e0348754_13572675.jpg


e0348754_13570734.jpg





6月 24日

e0348754_21013893.jpg

この角度から見る萩の花が好きです。





e0348754_21084034.jpg






午前9時半
すれ違う人との挨拶の言葉は
「おはようございます」「こんにちは」

どちらを声にしようか迷います。
きっと 迷うのはお互い様でしょう。

「おはようございます」「こんにちは」「こ、こんにちは~」って感じになる・笑



e0348754_14021789.jpg





今年の梅雨は雨が少ない気がします。




e0348754_13585462.jpg

頭の上にいる葉っぱヤロー予備軍たち・笑








6月 16日
6月 24日
春日井三山にて





あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-06-26 08:34 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

線香花火

山の横道のコアジサイ




e0348754_13432441.jpg





線香花火のように儚げに感じます。





e0348754_13433143.jpg





はかなげ






e0348754_13433764.jpg








6月 9日
春日井市







umiさんの、「ゆるっと紫陽花fes」に ひそかに参加させていただいてます( *´艸`)






あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-06-25 08:23 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

初夏のひとり山歩き

6月 9日 土曜日

梅雨入り宣言されたばかりの6月

早速の梅雨の晴れ間は
空の色も緑の色も とても濃いのです。



e0348754_11300033.jpg



落ち切った体力を回復すべく
お気に入りの低山ひとり歩きは

道樹山 → 大谷山 → 弥勒山
の 縦走。
私の足では、頑張って歩くと約時2間半。

この日は特に予定もなし。
ならば弱った足をかばいながらゆっくりと
時間を気にしないで歩きました。



e0348754_11384973.jpg



前日の夜は、かなりの雨が降っていました。
水たまりに映る緑を踏みしめて、第一歩。

e0348754_11392029.jpg



この日の同行者の葉っぱヤロー
情けない顔をしています(´艸`)

e0348754_11403800.jpg



6月...

この山を初めて歩いたのが 5年前の6月でした。
それまで私は山歩きなどもしたことがなく、自分の体力の限界もまったくわからない。
低山ということもありとてもナメていて
あっという間に脱水。熱中症。途中であえなく下山することに。
それがとても悔しくて、
そしてどんどん山にハマっていく~。



e0348754_11452385.jpg



初夏の山は、様々な小鳥達の声と
緑の香りにあふれています。
生命力を一番感じる時期でもあると思う。
かなり蒸し暑いので、ポカリスエットをこまめに飲んで、一歩一歩。



e0348754_11531281.jpg



e0348754_11535683.jpg



大好きなコアジサイは まだ咲き始め
ちょっと残念

e0348754_11554202.jpg


e0348754_11580130.jpg



野性的なのにとても可憐なコアジサイ
満開になる日はもう少し先でしょうか。




6月に この山に来る私の楽しみは、3つあります。
その中でも一番の楽しみは このコアジサイだったので
少し残念だったけれど




二つ目の楽しみ
ヤマボウシ

e0348754_12083197.jpg



コアジサイの咲いている ほんの少し先の頭上に
真っ白なひらひら。
ヤマボウシは今が見ごろとなっていました。

首が痛くなるほど見上げて、ズームで撮ってみる。
どの花も、私の身長より高い位置で咲いているので
どんなに頑張っても横からの姿がやっとです。
ま、いっか。


大きな木なので、全景をうまく撮ることができません。
ま、いっか。


e0348754_12103586.jpg



そして、三つ目の楽しみは

e0348754_12175120.jpg



萩は、これからは様々な道々で見る事ができるのでしょう。
けれど、私はこの場所の この角度から見る萩がもっとも好きです。
右の道に、山歩きの親子連れなんかがいると もう最高なんだけど
少し待っても 誰も来ないので(笑)
とりあえずはこの場所をひきあげる。



e0348754_12204232.jpg


e0348754_12290086.jpg



時に大きく、時にささやくように聞こえる野鳥たちの声とともに
ひとりで歩く 至福の時間。



e0348754_12291106.jpg









パソコンがダメになって数日。
うちのオッチャンがパソコンを使わずに過ごすことを我慢できるわけもなく、
お出かけから帰ると 新しいのが設置してありました。

はてさて、このパソコンは何年持つことでしょう^^;
でも、とりあえず私のタブレットこっそり購入計画も、今少し先になりそうです。

これは、新しいパソコンで書いた記事です。
スマホからブログ投稿 再挑戦するも、すぐにくじけてしまったのさ^^;


[PR]
by butanekoex | 2018-06-21 08:26 | 山歩き 春日井三山 | Trackback
大谷山に向かう時、今の季節だと最初に目飛び込んでくるのが ミツバツツジです。



e0348754_07535192.jpg






約10ヶ月ぶりの ひとり山歩き。

今の私の体力にあわせて ちょっと手抜きの 優しいルートを選択してね。




登山道にはいる 第一歩



e0348754_07583778.jpg




e0348754_07581551.jpg



同行者の葉っぱヤロー

e0348754_07591471.jpg



待っていてくれたのか(笑)
と、勝手に感動。

葉っぱヤローは、私のひとり山歩きの現地待ち合わせ同行者なのであります。
いつも仲良くしてくれる^^



e0348754_08011467.jpg



e0348754_08004788.jpg



大谷山から弥勒山へ向かう道のりは
もうすでに初夏。



e0348754_08033563.jpg





e0348754_08060820.jpg


弥勒山山頂 標高436m
霞に覆われた空。この方向には御嶽山があるはず。この日は見えなかったけどね。
それでも記念に1枚をパチリ。



風も光も、新芽たちも
空も雲も、鳥の声も
すごく久しぶりだね。

周りに人がいない場所では、「ただいま」と小さい声をだして言ってみた。




e0348754_08082149.jpg



e0348754_08105478.jpg




早朝の小さな砂利だらけの山道にざくざくと
私の足音



e0348754_08034545.jpg




4月 29日
春日井市・・・大谷山・弥勒山にて







e0348754_08032413.jpg








新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-05-30 08:30 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

弥勒山の コアジサイ


新緑の山の中




e0348754_17424596.jpg



この、優しい水色が大好き。



e0348754_17431934.jpg




e0348754_17432918.jpg




この花を見たくて 山に行きました。


この花は、山の中で咲いている姿が一番よく似合う。






決して珍しい花ではないけれど・・・。


山の中で咲く姿は、手入れされた庭園の薔薇にも優ると思うのです。




e0348754_17433753.jpg









6月 17日
春日井三山 弥勒山の コアジサイ






美しいあじさい&6月のイメージショット!


[PR]
by butanekoex | 2017-06-22 07:06 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

ひとり山歩き 6月の道

6月 17日 晴れ(空梅雨)




e0348754_17540021.jpg



ここ数ヶ月 ずっと行ってなかった春日井の山。山歩き。
雨が振らない週末って 今年はぜんぜん珍しくないけれど、せっかくの晴れた週末だもの。

そろそろ、コアジサイが咲いている頃
そして運が良ければ 無葉蘭も見つけることが出来るかもと
今しか見る事が出来ない山の姿を求めて、ひとり山歩きに行きました。
車の運転が苦手なbutanekoが、 唯一ひとりで行ける山へ。




例年だと この時期はうっそうとして 梅雨の湿気にむせ返るような低山ですけれど
今年の6月の なんと清々しいこと。



e0348754_17565685.jpg



野鳥の美しい声が すぐ近くから聞こえます。

サンコウチョウの声がすると、鳥撮りのかたが上を見上げていましたが
その姿は 私には確認できませんでした。
尾っぽの先だけでも 見たかったなぁ。



サンコウチョウよ、どこじゃ~

e0348754_17564129.jpg


鳥撮りさんは、あと一時間はこの場所でねばると言われていました。
それを聞いて、私はすぐにこの場所をあとにした・笑

歩きやすい道がつづきます。


e0348754_17574292.jpg



初撮り 蜘蛛の巣!
怖いので、遠くからね。この距離が限界。


e0348754_17582623.jpg


虫嫌いは、かなり克服出来たのだけれど、蜘蛛と蜘蛛の巣は上級者。私には まだまだだわ。




久しぶりのひとり山あるき。。。
道にしゃがみこんで よくある「どくだみ」の写真を撮っていたら、これまたよくあることだけれど 常連さんがお声をかけてくださいました。


「花の写真を撮ってるの?頂上付近に バイカツツジが咲いているよ」

え? ばいかつつじ?
なんでしょう、その魅惑的な名前のお花は・・・。
”梅花躑躅”と書くそうです。その字の如く、梅の花のようなツツジだと。。。

「見たことないの?教えてあげるよ。」


やった!!!
ここからは、ふたり山歩きになりました^^
あ、いつもの同行者の葉っぱヤローは 今日は出る幕無さそうね。ごめんねー^m^
たくさんあるルートの中から、頂上まで一番近いと思う道で行くよ。と、サクサクと歩きはじめる常連さん。
待ってー! そう、常連さんは当然知らないだろうけど 私の足は 遅いのです。


でも、言われるとおり、あっという間に弥勒山の頂上。


e0348754_17594758.jpg


e0348754_17593908.jpg

晴れてはいるものの、この日は伊吹山も 御嶽山も望めませんでした。
今の時期なら 晴れているだけでも喜ばないとね。


いつも歩くルートとは まったく違います。
ルートが違うと、目に入る景色もぜんぜん違うのであります。
たまには違う道もいいものね。人生と同じで刺激的。



サンキライ

e0348754_19144629.jpg




e0348754_21205467.jpg



野いちご? ヘビイチゴ?

e0348754_21213132.jpg



教えていただいた バイカツツジ

e0348754_21221216.jpg


かわいい! なんて可愛いの!!
私の想像していたのとはまったく違う、1センチくらいの小さなお花。
可憐に下を向いて咲いているのです。
とても小さくて なかなかピントがあいません。
1時間くらい、ここでこの花の写真を撮り続けたい衝動。
でも 常連さん 歩くのが早くて~。2枚しか写真が撮れませんでした。マシな方をアップ。

この花を教えてくださった常連さん、ありがとうございます。
うまく撮れなかったことも常連さんのせいにしちゃいますね、よろしくです。




この日最も見たかった 6月の花
コアジサイ

e0348754_21241773.jpg

この優しい水色。大好き。野性味あふれる姿に惹かれます。
決して珍しい花ではないけれど、町中ではなく山の中で咲く姿をどうしても見たかったの。
そして、もう一つの目的の無葉蘭もみっけ~



紀伊無葉蘭

e0348754_21251466.jpg

去年は、黄色ではなくて 白いほうの無葉蘭を見ることができたけれど
今年は珍しいと言われる 紀伊無葉蘭を見つけることが出来ました。
その名のとおり、葉がないのです。どうやって光合成するのでしょうね、不思議。
自然の姿、面白すぎる。






花を探し 写真を撮り、あっという間の下山となりました。
わずか2時間ほどの山歩き。
いつもの時間の半分くらい・・・そりゃそうだわ、三山のうち この日行ったのは弥勒山のみで、道樹山と大谷山は省略。
そのかわりにはじめて出会えたお花はあまりにも可愛くて、来年もまた 絶対に見に来ようというがモクモクと湧いてきた。
ふふ。久しぶりの山歩きだというのに、筋肉痛もでていないのは、丁度いい距離だったということね。
まさかこれから痛くなるって・・・ない、ない(願望強し!)

常連さんとは、今回もお名前も聞かずに お別れしました。このあっさり感も好き♡






6月の山は 本当に魅力的。生命にあふれています。
眺望・・・ 鳥の声・・・ 植物・・・ (蜘蛛の巣)・・・ そして、人。
生きる喜びを体中に感じ、いい出会いがたくさんだった一日に 感謝!




[PR]
by butanekoex | 2017-06-20 06:42 | 山歩き 春日井三山 | Trackback


カタクリの花は、かたいかたい蕾でしたけれど、
山にも春は確実に訪れています。


山にはいるなり 最初に目に飛び込んできたのは、鮮やかなミツバツツジでした。



e0348754_08281423.jpg



e0348754_08284618.jpg




これこれ!
この花は 山の春の訪れを告げてくれる花。

暖かい4月の初めの 陽が完全に昇りきってからの山あるきは とても心地よく
じんわりと汗ばんでくると、体中が浄化されていくよう。
溜まりにたまった 体内の大量の毒をはきだしながら
今回は、カタクリを探すのが目的でしたので コースは短めで歩きます。





下りの遊歩道には、落ち椿がいたるところに。


e0348754_21221660.jpg



花の道には、優しい薄紫のすみれがいくつも。


e0348754_21274115.jpg



e0348754_21273245.jpg



e0348754_21272646.jpg



ひと蕪だけ、青が濃いすみれを見つけました。


e0348754_21274896.jpg

葉の形も、花の形も微妙に違うの。
どちらかが、タチツボスミレだと思うのだけど
うーん、どっちだろ。




葉っぱヤロー達

「オイオイ、オイラ達ヲ忘レテナイカイ?」


e0348754_21330326.jpg


「オイオイ、オイラモ連レテイッテクレヨー」


e0348754_21331226.jpg




ミツバツツジは、山歩きが終わる直前には 太陽の光を浴びて輝きを増していました。



e0348754_21384229.jpg


e0348754_21384934.jpg


e0348754_21385865.jpg








この日は山を歩く前の朝一番で 隣接している植物園に行きました♪
お昼に山にはいりたかったので、いつもと逆パターン。


その記事は、またゆるりと書いていきます。


山が気持ちいい季節 到来!







*******~~~~*******~~~~*******~~~~*******~~~~*******

本日も、コメント欄を閉じさせていただいています。
何かありましたら ↓ コチラのコメント欄にどうぞお越しくださいね(^^)











[PR]
by butanekoex | 2017-04-08 07:00 | 山歩き 春日井三山 | Trackback
4月 2日 日曜日 快晴


春日井三山 ひとり山歩きです。

目的は、片思い中のカタクリの花。



e0348754_07035306.jpg




去年の春 どうしても花開いた姿を見てみたいと思ったものの、
その願いは叶わなかった カタクリに逢いたくて
今年こそと意気込んで 出かけました。


結果はね・・・。




e0348754_07071014.jpg



e0348754_07075659.jpg





今年も、蕾。

可愛い妖精は、とても恥ずかしがりでした。

去年、早朝に出かけて出会った その姿はやっぱり蕾で。
その時、「陽が当たらないと 花が開かないので お昼くらいに行くのがいいよ」と、
常連さんに教えていただいたのです。
その言葉をしっかりと1年間 胸にあたためて、この日は午後1時に着くように向かいましたが、
去年よりも今年は 咲く時期が遅いようでした。残念すぎです。2連敗!
(みいさん、2連敗同じだよ~)

ショウジョウバカマもね、今年は花数が少ないようで 見つけることができたのは 僅かに2輪。



e0348754_07125549.jpg



あと1週間後の方が、カタクリはよかったのかも。
でも、次週の週末は行けないなぁ。

今年もカタクリの花を見ることができないまま
私の片思いがいつか報われる日が来ることを信じてこの場を後にしました。







弥勒山山頂からの 御嶽


e0348754_07205311.jpg




弥勒山山頂近くの休憩所からの展望
名古屋駅の高層ビル

e0348754_07210142.jpg

前の週に行った 多度山頂からみた御嶽と 名駅ビル群とは逆方向からの眺め。







山頂の 小さな小さなお社


e0348754_08340236.jpg




ここに、水を飲みに来ている ヤマガラです。


e0348754_08353813.jpg



e0348754_08354506.jpg


シジュウガラも
(小さいな^^;)

e0348754_08361964.jpg

e0348754_08364791.jpg



この子はだあれ?地味な子だけど、可愛い顔をしているの。

e0348754_08371747.jpg


野鳥は次々にやってきますけれど 動きが早くて、写真をうまく撮ることが 私にはできません。
でも、楽しいひととき。








カタクリはかたい蕾でした。
それでも山には 春が、ゆっくりと訪れていました。





つづきます。





[PR]
by butanekoex | 2017-04-06 06:42 | 山歩き 春日井三山 | Trackback | Comments(44)


3月4日 土曜日 快晴

今年2回目のひとり山歩きです。





e0348754_21432008.jpg



春近しとは言え、低山とは言え、山は山。
まだまだひんやり寒い朝でした。

いつもは 道樹山→大谷山→弥勒山 の3つの山を歩くのですけれど
今回はちょっとズルして 大谷山方面の登山口より 弥勒山のみに
ここのところ、もう治ったはずの腰痛を理由に 体を動かしていないの。
(ナマケモノの言い訳・笑)
暖かくなってからの山シーズンのためには、少しでも鍛えておかねば・・・。
と 思いつつも 今回は無理せずゆったり歩くことに。




弥勒山の山頂にて。



伊吹山

e0348754_21072778.jpg



御嶽山

e0348754_21073726.jpg


春霞で眺望は望めないかもと期待せずに行ったのですが、予想に反して見晴らしは最高!
アルプスの山並みまでも綺麗に見えました。
気持ちいいー!





朝の9時、山頂に設置してある野鳥の水飲み場には 氷がはっていました。
気温は0℃と1℃の間くらいです。



写真、わかりにくいね
e0348754_21212680.jpg


何羽もの ヤマガラが 頭上をひらひらと飛びまわっています。



可愛いヤマガラ

e0348754_21332941.jpg


e0348754_21324552.jpg




常連さんが毎日通って エサをあげているとのこと。


少し奥に行ってみると 鳥小屋が設置されていました。
今まで何度も足を運んでいるのに、ぜんぜん気づかなかったわ。


e0348754_21212681.jpg



下りの途中の「花の道」での休憩所で・・・。
(私が勝手に「花の道」と呼んでいます)



テーブルとイス、新しくなっていた。

e0348754_21354071.jpg



ここで、この場所で製作したのかな。
地面には、たくさんの木を削った後が残ってるし。
e0348754_14012044.jpg


↓ 今年の1月の写真
木が朽ちて、ボロボロでした。

e0348754_11023073.jpg




この削った木の破片も、 近いうちに土にかえるのでしょう。

まだ 朝日と言ってもいい時間の太陽が眩しいね。

e0348754_21412601.jpg


e0348754_21414979.jpg





「花の道」、春の野草が咲き始めるのは あとひと月くらい先かなぁ。
そんなことを思いながらしばらく歩くと、まっすぐな木々に覆われた道にはいります。




足元に 落ち椿 1輪

e0348754_11075333.jpg



見上げると、ヤブツバキ 1輪

e0348754_11080623.jpg


e0348754_11081456.jpg




この山に通いはじめて まだ数年だけど
それぞれ季節の姿を知ることが出来るようになりました。
春の時期にはどんな花が、夏の空気はどうなんだろうか、秋と冬には・・・。


季節ごと変化はあれど、行くたびに新鮮な気持ちになるのです。
それは、こんな新芽を見つけることが出来るせいかもしれません。

e0348754_11123928.jpg



そして、どんな季節でも変わらずに私を向かえてくれる 可愛いコヤツ(*´艸`*)


おなじみ、葉っぱヤロー

e0348754_11125061.jpg



里山の春は もう少し先



e0348754_11142241.jpg








コンデジを持って歩くのが 嬉しくて、楽しくて、気持ちよくて 仕方ない
春日井の里山の ひとり山歩きです。



今回も、おつきあいありがとうございます。







[PR]
by butanekoex | 2017-03-13 08:15 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko