カテゴリ:おでかけ( 30 )

ごんぎつねの里にて


e0348754_06040748.jpg





愛知県半田市は、教科書にも採用される有名な童話「ごんぎつね」の里と言われています。

散策した 矢勝川提周辺は 童話の世界そのままの のどかな里山風景が広がり・・・
と、半田市の公式ホームページには載っているのでしたが、、、
すみません、ワタクシ、ごんぎつねのお話はすっかり忘れてしまっています。

それでも、ここの風景にいやされ、しばし(妄想の中での)童話の世界にひたることができました。




自由奔放な ごんげん山のきつね達

e0348754_06114742.jpg



e0348754_06120439.jpg



矢勝川提のたんぼアート、 なんに見える?

e0348754_06123640.jpg

正解: カタツムリ





矢勝川のすぐ近く、「ごんぎつね」の作者である新見南吉さんの生家を見学しました。


お勝手場は狭い階段をおりてすぐ。

e0348754_06201498.jpg



e0348754_06233172.jpg


e0348754_06234328.jpg



e0348754_06235624.jpg




「くど」
竈(くどとは、. 竈(かまど)のうち、その後部に位置する煙の排出部を意味する
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigationJump to search



e0348754_06305856.jpg


e0348754_06305291.jpg



いっとき、ほんの いっとき南吉さんの生きた時代を感じたような気がします。






この地域では、きつねがとても愛されているのでしょう。


e0348754_06324602.jpg






9月 23日
愛知県 半田市にて








色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!


[PR]
by butanekoex | 2018-10-03 06:40 | おでかけ

赤く、よりあかく

e0348754_21540497.jpg





電車でお写んぽ
電車を降りる人の目的地はみんな同じ。


半田市の矢勝川提は、大勢の人とこの時期だけの赤い色でにぎわっていました。

押し寄せる赤と、空の青さに 平常心ではなかったかも。





e0348754_21541833.jpg




e0348754_21544975.jpg




e0348754_22025060.jpg




e0348754_22025593.jpg




e0348754_22030118.jpg





9月 23日
愛知県 半田市にて








来年の秋も、ここに行けますように。







大型の台風が日本列島を縦断するようです。
どうか、被害などがでませんように。


[PR]
by butanekoex | 2018-09-30 06:09 | おでかけ

秋空に赤く

見たかったのは
秋空に映える、その赤。




e0348754_21484593.jpg







今年の夏の猛暑が戻ってきたかのような、暑さ。
でも 空を見上げると、確かに秋でした。
なみなみと連なる白いウロコに 海を連想します。








e0348754_21485291.jpg





9月 23日
愛知県 半田市にて








土手一面の彼岸花を見た瞬間、思わず声が出てしまいました。
堤防に3万本の彼岸花が咲き誇る矢勝川提は ちょうど見頃。
でも、この日は本当に暑かった。
ゆっくりと歩いても 汗がでるでる。

ふふ
そのうち、ゆるゆる歩きが 暑さでふらふら歩きになってしまったのだけど
写真を撮りながら歩くのが とても楽しかったから それもまた良し。



そして、またもや同じような写真を量産(笑)



昨日の夜は、布団を一枚出しました。
ふう、布団から離れられない季節、到来ですね。



[PR]
by butanekoex | 2018-09-28 06:00 | おでかけ

北関東へ

霞ヶ浦方面



e0348754_08010308.jpg



7月の北関東行きは、旅行だったのかな。

ちょっと 違うような気がするな。


住んだこともなければ、足を踏み入れるのも初めての土地だけど

気持ち的には「帰省」でした。




『旅』
住む土地を離れて、一時他の土地に行くこと。旅行。古くは必ずしも遠い土地に行くことに限らず、住居を離れることをすべて「たび」と言った。

『旅行』
徒歩または交通機関によって、おもに観光・慰安などの目的で、他の地方に行くこと。たびをすること。たび。

『観光』
他の土地を視察すること。また、その風光などを見物すること。観風。

『冒険』
危険をおかすこと。成功のたしかでないことをあえてすること。

引用: 広辞苑第6版





ああ、気持ちは「帰省」で、行動は「観光」になるのか。


旅行でも、帰省でも、観光でも、、、どうでもいいことだと 思い直す。

初めての地なので ある意味「冒険」でもあるからね~( *´艸`)




あの、蓮畑の少し先に 船着き場がありました。

カラフルなヨットに、山のテント場を思い出したりしてね。





e0348754_08012514.jpg


e0348754_08014148.jpg



次にここに来るなら、釣竿を持って来よう。





そして...



e0348754_08022220.jpg


どーんと

大仏様



e0348754_08024536.jpg



相当でかいです。






秋になったら、また来ようと思います。

今度は旅行のつもりでね(^^)







お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】





More
[PR]
by butanekoex | 2018-08-28 06:35 | おでかけ | Trackback

"PHOTO IS"想いをつなぐ。

"PHOTO IS"想いをつなぐ。「50,000人の写真展」





e0348754_08094361.jpg



8月25日 栄 LACHICにて








e0348754_08095571.jpg






こんなにもたくさんの想いがありました。



一枚、一枚に込められた想い。





e0348754_08100064.jpg






e0348754_08114210.jpg







圧巻!
すべての写真をじっくりと見ると、何時間かかるのだろう。


出展者の都道府県別に展示されていましたので
まずは、北陸をめざしてまっしぐら(笑)
4階へあがりました。
LACHICのオープン、11時ちょうどです。

なんどもブログで拝見させていただいた、あのチューリップ畑の光景。
そして、その後ろの壮大な山並みの美しさ。
富山の球根農家の生活。

生の写真から伝わるものは、言葉で表現できません。
じっくりと見入っていたので、もしかしたら写真に穴があいているかも~( *´艸`)





ありがとうございました



[PR]
by butanekoex | 2018-08-26 08:38 | おでかけ | Trackback

ブログ訪問中、美しい蓮のお写真を見てはうっとりとしていました。
いつか、私も蓮の花を撮ってみたいと思いながら。

私は、これまで蓮の花を画面でしか見たことがありませんでした。

**********
**********
**********




e0348754_06000638.jpg





7月も終わりに近づいた 晴れの日に見つけた 念願の蓮の花。

「うわぁ、蓮!ここにあった」と、思わず声を出した 広い広いハス畑。





e0348754_06002233.jpg





e0348754_06011215.jpg




7月 27日 撮影





最初、ここを見つけた時は 日も暮れかかっていたせいか、ほとんどの花は閉じている様子で

これは、なんとしてでも翌日の早朝にここに来て 写真を撮ってみたいぞ、と思ったのであります。

しかし、ここに再訪するには うちのオッチャンに車をだしてもらう必要がある。。。


butanekoは 車の運転が大の苦手で、見ず知らずの土地、慣れないレンタカーなどはもってのほか。

そこでネボスケのうちのオッチャンに その気になってもらうための作戦をねってみる。


「これだけの蓮畑、早朝だと圧巻だよ」・・・特別感を強調

「今の季節だけの光景だね」・・・プレミアム感を強調

「ここで蓮畑を見つける事が出来てラッキーだね、私たち」・・・二人の幸運を強調

時間をあけては繰り返して言う。かといって シツコクもならないように・笑

翌朝は、うちのオッチャンから「行くぞ、急げ」と言ってくるほど、洗脳作戦大成功。ウシシ


余裕をもってAM5:30に出発しました。

10分くらいで着くはずだったからね。

でもでも、あれれ?昨日の蓮畑の場所がわからない。。。なんてこと。

初めての土地でのあるあるです。


「たしか、この道だったよね、違うか。こっち行ってみるか。」

と、さんざん迷って やっと見つけた時には

撮影時間、わずか10分ほど。

なんとしても、AM7:00までには戻らなくてはならなかったので。

それでも 広い蓮畑を駆け足で 「白とびするー」「ピントが合わない」と、焦りながらも

幾枚かを撮ることができました。





はじめて訪れた地、関東地方の北の方。

はじめての蓮の花。







お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-08-23 05:59 | おでかけ | Trackback

夜明け


e0348754_15275491.jpg




2017年 12月 3日の夜明け



目的地は、諏訪湖です



e0348754_15271356.jpg



八ヶ岳連邦の不穏な雲は


次第に変化して



e0348754_15272894.jpg



日が昇りはじめ



この日、一日がはじまりました



e0348754_15280963.jpg



名古屋から 片道 約3時間



e0348754_15405366.jpg



山の向こうの空が うっすらと白くなるころ


幻想的な霞が 諏訪湖のまわりを覆いはじめていました


さむっ!












フッフッフ

今回の諏訪湖に来た目的、わかる~?
(*´艸`*)





[PR]
by butanekoex | 2018-02-11 07:30 | おでかけ | Trackback

湯河原にて

11月 24日 金曜日


新幹線から見えた 富士山。


e0348754_16240054.jpg




名古屋から神奈川県の湯河原に向かう時、
毎年のことながら 富士山が見えると気分があがる。
今年は 雲は多めではありますが、美しい姿を見ることができました。



e0348754_16245401.jpg








成願寺にて

この日のお寺の紅葉は、まだ色づきはじめの頃。



e0348754_16471867.jpg



e0348754_16495239.jpg



e0348754_16472832.jpg








今日、12月11日は、私の母の命日です。
今年でちょうど33回忌を迎えることになりました。

一年に一度お参りをする 私の両親のお墓は、湯河原にあります。
今年は11月の晴れた日に行きました。

お寺さんでお経をあげていただき、最後にいただく説法は、無になった心にしゅんしゅんと染み入ってくるのです。
今年のお経は、私の先祖から今の家族まで、私達にかかわったすべての人や動植物などに感謝するという内容だと教えていただきました。



--------------------

死者は、33回忌から ご先祖様になるのだそうです。

ご先祖様になるということ・・・地方や宗派で、いつなれるのかは違うそうですが、うちのお寺さんでは、33回忌からと。

そうなんだ。
ああ、母は私のご先祖様になったんだ。
父はもっともっと前に、ご先祖様になっていたんだ。
ご先祖様って、私が生まれる何十年も前の 顔も声も知らない人達だって思ってた。
父も母も、しっかりと記憶に残っているのに、ご先祖様か。



そうか。





今年あったことの報告をすると とても長くなりそうだったので、
お墓の前では「私達はちゃんと生きているよ」とだけ伝え、手を合わせてきました。





e0348754_16475561.jpg








[PR]
by butanekoex | 2017-12-11 07:45 | おでかけ | Trackback
11月25日 土曜日


愛岐トンネル群のもみじは、様々な姿を見せてくれたのです。



e0348754_21320021.jpg



e0348754_21331502.jpg



e0348754_21330585.jpg



e0348754_21360290.jpg



e0348754_21341486.jpg




e0348754_21465044.jpg






今年の紅葉に出会えた。

そこに行けば、見ることができるはず。

そこに行くことができること。

んん~~~、なんだかうまく 思ったことを表現できないな。





e0348754_21475838.jpg




ま、いいか。

つまりは とても良い日だったってこと。

かな?  ・・・♪




e0348754_21343054.jpg




あと少しで12月
残り少ない今年、どう過ごそうか。


皆様にも、私にも、良き日ばかりでありますように。




色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



[PR]
by butanekoex | 2017-11-30 22:30 | おでかけ | Trackback

トンネルを歩く


11月25日 土曜日
愛岐トンネル群にて



e0348754_13024961.jpg



朝イチで行ったにもかかわらず、すごい人です。
最初のトンネルでは、もみじもまだ赤く染まりきっていないものの
それでもとても美しく、色づいた景色を想像しながら歩きます。



e0348754_13184015.jpg


e0348754_13193371.jpg



e0348754_13200793.jpg




そうそう、前回の記事では3号トンネルのこと、書き忘れていました(汗)
歩き始めは、3号トンネル・76mね。


しかも、前回の記事の距離表示、
メートル〔m〕のところ、キロメートル〔km〕と書いていた。
どんだけ長いのよってかんじですけれど、
気づいた人がいないことを願う・^^;




e0348754_20543398.jpg



4号トンネル、5号トンネルと歩いて行きました。
最初のそれよりも、中はかなり暗く感じて
外に出ると、木々の美しさが目に飛び込んでくる。
それがすごく新鮮。


トンネル・暗 ~ 紅葉・明 ~ トンネル・暗 ~ 紅葉・明 ・・・の、繰り返し。





トンネル・暗

e0348754_20553409.jpg




紅葉・明

e0348754_21132598.jpg




トンネル・暗

e0348754_21143325.jpg




紅葉・明

e0348754_21154488.jpg



青と・・・。

e0348754_21211943.jpg




オレンジと・・・。

e0348754_21230628.jpg



さまざまな色が混じり合う・・・。


e0348754_21195910.jpg







なんて気持ちいい時間。


e0348754_21183750.jpg











色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り





[PR]
by butanekoex | 2017-11-29 06:00 | おでかけ | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko