<   2018年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

春の午後

うららかな 春の午後

つぼみは 一斉に開いていました




e0348754_23031961.jpg





うららかと言うよりも

少し歩くだけでも汗ばむほどの陽気




e0348754_23140082.jpg






ゆっくりと花見に行くことができない平日の午後は少し遠回りして帰途につきます

なんて贅沢な 青空の無駄遣いの日々(笑)





e0348754_23084362.jpg





春は ものすごいスピードで過ぎて行きそう









春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-03-30 06:18 | お散歩 | Trackback
このまま、蕾のままでいてくれたらいいのにって思います




e0348754_10312074.jpg




e0348754_10312042.jpg



時よ

止まれ




e0348754_10312187.jpg





3月21日
春日井市にて









[PR]
by butanekoex | 2018-03-23 10:38 | お散歩 | Trackback

樹氷の森

千石園地にて



e0348754_06590512.jpg



新穂高ロープウェイ 山頂の西穂高口駅の外に広がる原生林の散策路です。
春から秋にかけては、様々な高山植物や山野草を見ることができるとか。
しかし、私が行ったのは真冬。
針葉樹に降り積もる大規模な雪の回廊となっていました。



e0348754_07000719.jpg


左右、背の高さにもなるほどの雪に囲まれた遊歩道。
前を向いても 横を向いても 大迫力の樹氷モンスターだらけ。




e0348754_06560562.jpg


お天気がいいので、時々 頭の上に積もった雪が落ちてきます。




e0348754_06572493.jpg


樹氷の隙間から、西穂の山頂が覗いています。




e0348754_06584348.jpg


カメラ、どこかのボタンを触ったらしく
こんなカラフルな一枚が収まっていた。ラッキー!





はぁ~。ここは見応えと写真の撮り応えがありすぎです。
前日のスノーシューとはまた違う 感動と感謝。

足元は、、、とてもよく滑ります。
遊歩道を歩きはじめてすぐに ハデにコケて 後頭部をうちました。
そのあとは
景色がすごいので、写真を撮りたい、
けれど 滑るのこわい、
と・・・言う気持ちのため、ものすっごいへっぴり腰で歩きました。
前日のスノーシューとはまた違う筋肉疲労(笑)




e0348754_06581237.jpg


下りのロープウェイからは 可愛らしい足跡発見。




2018年 1月 14日 新穂高ロープウェイにて








厳冬の上高地での二日間。
こんな経験ができるなんて、去年の夏には想像も出来なかったことです。
ゆっくり更新ですが、ここまでお付き合い ありがとうございます。














こーるどふぉとこんてすと



[PR]
by butanekoex | 2018-03-10 07:38 | 山歩き | Trackback

真冬の絶景!新穂高 sanpo

上高地 2日目

西穂高の奥に微かに見える ジャンダルム
この響き、ゾクゾクします。



e0348754_07492685.jpg




前日の、墨絵の世界がうそのように晴れ渡る青空。
当初予定していた計画を変更し、新穂高ロープウェイを目指すことになりました。
ここも、私ははじめての場所です。
天空の異世界へ、わずか数十分。


槍ヶ岳、大喰岳、中岳
壮観な姿がくっきりと。
そして、下を見ると 樹氷の海



e0348754_07590131.jpg



e0348754_08023646.jpg




3000メートルを越す山々が360度 遥か彼方まで見渡すことができました。
前日、目の前した焼岳もここからはまた違う姿に見える。



e0348754_08025713.jpg



その焼岳から右方向、遠くに白山連峰


e0348754_08062012.jpg


e0348754_08195941.jpg




大ノマ岳、双六岳、弓折岳
鷲羽岳、樅沢岳
どれだどれだか、わかりません。


e0348754_08072185.jpg




こんなに素晴らしい絶景を見ることができるとは。
マイナスの寒さも この恵まれた青空の下、全く気にならない。


生きてて良かった!と、心から感じた時間でした。




e0348754_07505483.jpg




2018年 1月 14日 新穂高ロープウェイにて












こーるどふぉとこんてすと



[PR]
by butanekoex | 2018-03-05 08:26 | 山歩き | Trackback

感動の上高地

人のいない河童橋をあとに
ふかふかの雪道を歩きます。




e0348754_15561820.jpg


ふかふか

ふかふか

途中、野生のお猿さんが登場。それもすごくたくさん、次から次へと現れる。
向こうからこっち、近くにどんどん寄ってくる。
なんか、食べ物を貰おうとしているのかな。
それとも襲おうとしてる?ひぇ~(°°;)
けっこう大きな猿。こんなに近くで、しかもオリとかない状態だと なかなかの恐怖を感じるものです。
目をあわさないように、写真を撮るなんて余裕は全くなく 超早足になるー。
どこにこんな体力が残っていたんだ~?

ここはお猿さん達の居場所だからね。私達がよそ者。
ごめんごめん、おじゃましました。
(雪の上には、お猿さんのナニもたくさん落ちていましたよ^^; 踏まないように慎重に)



雪道のスノーシューに 疲労もピークに達したころ、
朝とはまったく違う景色の大正池が私達を迎えてくれたのです。



e0348754_16054285.jpg


e0348754_16063609.jpg



e0348754_16065714.jpg


モノクロモードではないけれど、モノクロに。
この日の朝、あんなに近くに見えた焼岳は
午後3時には気配さえ感じることが出来ませんでした。

2018年 1月 13日 上高地にて






厳冬の山歩き。
凍える上高地。
刻々と変化していく美しい光景の 刹那的な尊さに
寒さとは別の震える感情を覚えた時間でありました。

しかし疲れた! 寒かった!
ザックに入れていたペットボトルのお茶はすぐに凍ってしまって、ただの荷物と化してしまった。
冬の上高地は、保温水筒は必須だね^^









こーるどふぉとこんてすと



[PR]
by butanekoex | 2018-03-02 07:00 | 山歩き | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko