北関東へ

霞ヶ浦方面



e0348754_08010308.jpg



7月の北関東行きは、旅行だったのかな。

ちょっと 違うような気がするな。


住んだこともなければ、足を踏み入れるのも初めての土地だけど

気持ち的には「帰省」でした。




『旅』
住む土地を離れて、一時他の土地に行くこと。旅行。古くは必ずしも遠い土地に行くことに限らず、住居を離れることをすべて「たび」と言った。

『旅行』
徒歩または交通機関によって、おもに観光・慰安などの目的で、他の地方に行くこと。たびをすること。たび。

『観光』
他の土地を視察すること。また、その風光などを見物すること。観風。

『冒険』
危険をおかすこと。成功のたしかでないことをあえてすること。

引用: 広辞苑第6版





ああ、気持ちは「帰省」で、行動は「観光」になるのか。


旅行でも、帰省でも、観光でも、、、どうでもいいことだと 思い直す。

初めての地なので ある意味「冒険」でもあるからね~( *´艸`)




あの、蓮畑の少し先に 船着き場がありました。

カラフルなヨットに、山のテント場を思い出したりしてね。





e0348754_08012514.jpg


e0348754_08014148.jpg



次にここに来るなら、釣竿を持って来よう。





そして...



e0348754_08022220.jpg


どーんと

大仏様



e0348754_08024536.jpg



相当でかいです。






秋になったら、また来ようと思います。

今度は旅行のつもりでね(^^)







お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】





More
[PR]
by butanekoex | 2018-08-28 06:35 | おでかけ | Trackback

雨の似合う日に

雨にぬれた新緑

その緑も より一層濃く、その香りはより強く。




e0348754_07520768.jpg




e0348754_07485692.jpg




e0348754_08270194.jpg





私の両親のお墓は 湯河原にあります

毎年 一度のお墓参りはいつも 晩秋から初冬にかけての
とてもとても 寒い時期

思い起こすと、
初夏に訪問することは 初めてでした
もう、40年以上も通い続けているのにね・・・





e0348754_07492281.jpg








5月 13日
湯河原 成願寺にて






雨でよかったと思った 1日

少し前に 仏壇終いの話を書きましたが
この日は両親のお位牌を 納めに行きました。
言葉では表現できない思いを持っての今回の訪問。
でもね、ご住職にお経をあげていただいて 心にある思いを聞いていただいて
すーーーっと 楽になりました。


お墓は、もう少し今のままで。
だって、まだまだ通えるからね。
そのお墓も いずれどうするかの方向性も決めることが出来ました。

私達で仏壇もお墓も終わりにするしかないという現実。
でも、そのことを気に病む必要は まったくないのです。

またまた すーーーーーーっと^^


こんな日は、カンカン照りよりも 雨がよく似合う。
両親のお墓に 姉と私のふたりだけで行くと、昔むかしの子供の時代に戻ったような感覚。

いっとき、両親と姉と 私の4人で生きていた昭和のひとときの懐かしさにつつまれた。






[PR]
by butanekoex | 2018-06-13 08:40 | 日常のこと | Trackback

記録・・・姫路城の桜


満開の桜は うちのオッチャンの実家のある姫路で見ることに。




e0348754_09493869.jpg



4月 4日 姫路城



e0348754_10185391.jpg






4月1日
義父との別れ。
ほんとうに、ほんとうに暖かな日でした。

遺された義母は、年相応の症状があるので、姫路での一人暮らしは難しく
近々 関東より少しだけ北の方に行くこととなる。



時よ、とまれ!
と、祈っても
それは当然かなうはずもなく
10年毎・・・いえ5年毎・・・いやいやもっと短い?
時が過ぎていく感覚は、どんどん早くなっていく
安室ちゃんが、can you celebrateを歌っていたのはほんの少し前だったのにー・・・なんてね^^;









e0348754_13392943.jpg

2月のポカポカ陽気のある日の午後、あまりにも暖かな光景に思わずスマホにストックした写真。
(思いっきりトリミングしています)
(義両親ではありません)







[PR]
by butanekoex | 2018-05-05 10:32 | 日常のこと | Trackback

湯河原にて

11月 24日 金曜日


新幹線から見えた 富士山。


e0348754_16240054.jpg




名古屋から神奈川県の湯河原に向かう時、
毎年のことながら 富士山が見えると気分があがる。
今年は 雲は多めではありますが、美しい姿を見ることができました。



e0348754_16245401.jpg








成願寺にて

この日のお寺の紅葉は、まだ色づきはじめの頃。



e0348754_16471867.jpg



e0348754_16495239.jpg



e0348754_16472832.jpg








今日、12月11日は、私の母の命日です。
今年でちょうど33回忌を迎えることになりました。

一年に一度お参りをする 私の両親のお墓は、湯河原にあります。
今年は11月の晴れた日に行きました。

お寺さんでお経をあげていただき、最後にいただく説法は、無になった心にしゅんしゅんと染み入ってくるのです。
今年のお経は、私の先祖から今の家族まで、私達にかかわったすべての人や動植物などに感謝するという内容だと教えていただきました。



--------------------

死者は、33回忌から ご先祖様になるのだそうです。

ご先祖様になるということ・・・地方や宗派で、いつなれるのかは違うそうですが、うちのお寺さんでは、33回忌からと。

そうなんだ。
ああ、母は私のご先祖様になったんだ。
父はもっともっと前に、ご先祖様になっていたんだ。
ご先祖様って、私が生まれる何十年も前の 顔も声も知らない人達だって思ってた。
父も母も、しっかりと記憶に残っているのに、ご先祖様か。



そうか。





今年あったことの報告をすると とても長くなりそうだったので、
お墓の前では「私達はちゃんと生きているよ」とだけ伝え、手を合わせてきました。





e0348754_16475561.jpg








[PR]
by butanekoex | 2017-12-11 07:45 | おでかけ | Trackback

ちょうど ひと月前のこと。
5月 11日と12日、うちのオッチャンの実家への帰省時、久しぶりに義両親と4人でのお食事に行きました。

神戸市須磨区 須磨観光ハウスの「味と宿 花月」さんにて



e0348754_14482856.jpg




お義父さんも お義母さんも、お肉を食べました。
私もお肉(*´艸`*)
うちのオッチャンは、天ぷらね。


e0348754_15121256.jpg









花月さんは、お義父さんが現役時代に何度か足を運んだとか。
「この辺にいい雰囲気のレストランがあるはずや」
「店の名前は覚えてないんや。ちょっとこの先を右にはいってくれんか」
ってなかんじで、85歳の記憶を辿って、なんとか訪れることが出来ました。
高台にある ホテル併設のレストランは とても静かで 日本庭園を見ながらの食事に
いい歳をした親子4人は ほんの少しだけ、お上品。(似合わないわ~^^;)


e0348754_15201954.jpg









義父も、義母も、年齢には抗えません。
こうして一緒に食事に行くことが出来る今、ものすごく貴重な時間だと思ったのです。




駐車場から見えた須磨の海、瀬戸内海は、とても静かでした。



e0348754_15261308.jpg









この記事は、先月の帰省から帰ってきてから ゆっくりゆっくりと書き、
それでもブログにアップするかどうかを 迷っていました。柄にもなく 少ししんみりとしちゃう内容になってしまったからね。
でも、今日でちょうどひと月ですので、アップするにはいいかも・・・なんて思ってね。

義両親の 老いていく現実 痛感しています。
こうして一緒に出かけること、共に過ごす時間。大切に とても愛しく思うのです。

そして・・・
親が老いていくということは、自分も歳を重ねているということ。それを実感。
昨日は私自身の検査に行きました。
(検査のこと、これは自分の記録用に書いています。結果は20日、この待ち時間は嫌だねぇ。ぜんぜん愛しくない時間・笑)


[PR]
by butanekoex | 2017-06-11 07:12 | 外で食べること | Trackback

2016 帰省の風景



今更ですが、、、
去年年末の 姫路帰省のことを少し。

12月29日の夜から、31日までを姫路で過ごしました。


うちのオッチャンが小学生から、大学にはいるまで過ごした部屋は、 今は義母仕様となっていて、
窓にはこんなのが ぶら下がっていました。


e0348754_10093496.jpg



一昨年は、洗濯バサミで干してあった柿も、去年は紐だけでした037.gif
洗濯バサミのが好きだったんだけどな。



そんな部屋の壁には、うちのオッチャンの中学生時代に夢中になっていた競馬のパネルが色褪せていながらも 健在です。
あ・・・ふちっこに針金ハンガーが!!!
ふふ。昭和の香り、ぷんぷん。


e0348754_10115099.jpg


e0348754_10115883.jpg


e0348754_10120690.jpg


e0348754_10121442.jpg


競馬好きな人は知っている馬もいるのかな。

競馬に目覚め、カレンダーを切り取ってパネルにしていた うちのオッチャンの中学生時代が見える、この部屋が大好きです。
今も、競馬が大好きなうちのオッチャン。毎週日曜日はテレビを録画しては 仕事が終わってから晩酌の時に 一人で盛り上がっているのであります。

ありがたいことに 実際にお金を賭けることは まったくしないので、なんとか今の生活がなりたっています(笑)




30日は、姫路港にていつもの釣りのパターン。
今回は、車ではなく新幹線で帰省したので 港までは自転車で行きました。


e0348754_10191319.jpg

うちのオッチャンが10年ほど使い続けている太鼓リール。

e0348754_10205274.jpg



片田舎のさびれた釣具屋さんには、たまにお宝が置いてあるらしいのです。
シンプルな太鼓リールがわずか、税込み980円だったとか。
買った時はただの黒くて丸い枠を(奥に見えるただの黒い丸型)、自分で穴をあけて、手前の形にして愛用しています。

e0348754_10251621.jpg


私は、この太鼓リールというのがうまく扱うことが出来ません。
「簡単や」って簡単に言ってくれるけどね。

わずか3時間ほどの港では、いつもの小物
フグと毒のあるオヒメサン(姫オコゼかな)、海タナゴなどが釣れました。
この時期に この時間で ホウズで無かったことで満足しておこう^^;
最近は、大物に巡り会えない私達です。


e0348754_10394785.jpg




31日の大晦日は、ゆっくり朝寝坊。
朝ごはんのあと、義両親と私達の4人で 神戸の街を少しだけ歩きました。

特に目的もなく、4人でぶらぶらと。



唯一撮影できた生田神社。

e0348754_11063076.jpg


大晦日の神社は、人出はあまりなくて。
でもきっと、夜からは大賑わいになるんだろうなぁ、なんて思いながらお参りをしました。

そして、明るいうちに新幹線に乗って 義両親とわかれて名古屋に戻りました。



風は冷たかったような。
でも、寒すぎることもなく ゆっくりと神戸の街を歩いたのです。

こんな 年末も、いいものだと。




特に何をするでもなく親達と過ごす。離れて暮らす お互いの無事を確認する。
この冬も、こんな風に過ごせたことに感謝です。



[PR]
by butanekoex | 2017-01-23 08:11 | 日常のこと | Trackback

大満足の昼食を終え、お土産を求めて熱海駅近辺を彷徨います。

温泉街の土産物売り場は 昭和の雰囲気も残っていて どれだけ歩いても飽きません。
でも、さすがに熱海駅前は 再開発が進んでいて 以前ほどの風情がなくなっていました。
それも時代の流れ、仕方のないことですが
わずか数年前まで感じることが出来ていた ひなびた温泉街の雰囲気がすごく好きだったの。



e0348754_22534728.jpg


お店の前のいたるところに、大量のからすみが~~~!
もちろん買いました。高いので 一番小さいヤツを探してね(*´艸`)


e0348754_09422548.jpg







毎年訪問している熱海なので、お気に入りの土産も決まっているのです。
欲しい商品を一目散に手に取る手際の良さ(笑)
でも、気をつけねばならないことは 今年の新商品を見落とさないように、と 言うことね^^




今年の初商品、買いましたよ~
「真鯛のだし塩」
試飲させていただきました。
このお出しで食べるにゅうめん、美味しいだろうなぁ・・・って想像したら 買わずには帰れない♪


e0348754_09452154.jpg



毎年外せない、「ゆず入りのいか塩辛」

e0348754_09510920.jpg


そして、「金目の漁師煮」もね♪

e0348754_09461708.jpg


ちょっとお得なお値段の「ごぼう田舎煮」
これにも金目の煮付けがはいっています。

e0348754_09461408.jpg


以上の商品は、お取り寄せもできますよ(*^^*)



「徳造丸」さんは、
現地で購入の場合 10,000円以上購入であれば、送料は無料で家まで発送してくださるサービスがありますが、
他のお店でも色々買いたい私は、コチラだけで10,000円も使うわけにはいきません。
漁師煮で、結構な重さになるお土産も、送料を節約して、エッチラオッチラと重たい荷物を持って帰ります(笑)
あ、持ってくれるのは、うちのオッチャンだけど(*´艸`*)
家の前では、彼の指が半分ちぎれていました。(←ウソデス)
ごくろうさん!






e0348754_09465507.jpg





今回は、姉のダンナ様が体調を崩していたため、
お墓参りの後の夕食飲み会はナシとなってしまい、少し残念そうなうちのオッチャンです。
カレの場合は、お墓参りよりも 飲み会メインだったからね。
それでも、一年の締めくくりの行事を早々と終えて、気分スッキリは私と同じのハズ045.gif







さあ!これからは 年賀状の準備に 大掃除・・・いえ、小掃除、そして年末の帰省の準備と
やることはまだまだありますし、なにより会社が年末まで忙しい(-_-;)
しかし、気分はもうお正月に向かっています。
クリスマスもあるしね~
(クリスマスは、我が家では特に何もしないので、意識は年末に直行中・笑)


12月にはいってからは、ずっと気持ちだけが焦っているのであります。



[PR]
by butanekoex | 2016-12-11 07:27 | 日常のこと | Trackback


年に一度のお墓参りを終えて
お腹が空きすぎている状態での昼食は、 熱海 「魚匠 大西」さんで♪
このお店での食事も この数年、年に一度の恒例となっております。


e0348754_07480443.jpg



まずはピールでね。

e0348754_07520190.jpg

うちのオッチャンと 姉はこのあと熱燗になるのですが
日本酒が飲めないbutanekoは 最初のビール1杯でゴキゲンに♪



単品の「お刺身3種盛り」 800円

e0348754_07534452.jpg
アジ・マグロ・アオリイカ
関東のマグロは脂のノリがちがうのかしら。中トロのようにまったりと美味しかったです。



単品「桜えびのかきあげ」 800円

e0348754_07535374.jpg

お塩と天つゆ、好きな方でいただきます。
揚げた桜えびって、海老の風味が格段とアップするのですね。
香ばしさといったら言葉になりません。サクサクの揚げ具合が凄腕!



一番楽しみにしていた 「煮魚定食」 1,200円
キンメの煮付けにごはん、お味噌汁、 お漬物がついています。
これを食べたくて、毎年訪れるようになりました♪

e0348754_07532490.jpg

関東風の 色の濃いお出しは 創業より注ぎたしの秘伝のお味だそう。
真っ黒なのに 辛すぎることがない 、関西出身のうちのオッチャンも惚れこんだ絶品の味。
脂ののったキンメのふっくらとした身がコックリ・ホロホロ。しあわせ^^
お魚の横の黒い四角は お豆腐です。この 味のしみたお豆腐がまた 最高!!!

e0348754_07533356.jpg


ここで、塩辛を追加注文したところ、今年はイカがまだあがっていなくて 仕込みが出来ていないそうでした。残念~~~
と、思っていたら

大将が シラスのお造りをサービスしてくださいましたよ\(^o^)/


e0348754_07540070.jpg

つるんとろんぷりんの 甘いシラスには、私よりもうちのオッチャンが大喜びでした。
海の街でなければ、新鮮な生のシラスは なかなか口にすることが出来ないものね。
熱燗追加注文は必至です。(私は呑まないけど^^v)




店内は、少し薄暗くて 最初に目にはいるのはカウンター。
小料理屋をイメージしてはいったら なんだか昔のスナックの雰囲気がしてドキっとします。
そこで引き返しては行けません(笑)
後ろには 少しだけ座敷があります。


私達はカウンターの角に座りました。
お昼は結構混んでいて ちょうど角が3席あいていた^^

e0348754_06571365.jpg

お品書き、なかなかの・・・というよりも
素晴らしいセンスだと思いませんか。
こんな字のお品書きのお店は 絶対に料理も美味しいに決っているのです。

e0348754_06571810.jpg




ここの女将さんのキャラ、年々控えめになってきているような・・・。
はじめてこのお店にはいった時の 強烈さを感じないのが 少し淋しいな・・・。
それとも、その強烈さに慣れちゃったのかも。
どのようなキャラかは 私の口からはちょっと言えません。
気になるかたは、「熱海 大西」で検索してみてくださいませ。
さまざまな方が、同じような印象を受けていて、読んでいると結構笑っちゃいます(*´艸`*)
ちなみに、私は女将さんのファンです♡


なんと言ってもお料理は、何度もリピートしたいと思うほどで やっぱり最高でした♪
お値段も この量でこのお味だと かなりリーズナブル。
来年もきっと お世話になることでしょう♪






去年も行った 熱海の大にしさんとお土産屋さんの食事の記事は、コチラです。 ↓



お腹がいっぱいになったあとは、お土産を買いに 彷徨います。




[PR]
by butanekoex | 2016-12-09 07:14 | 外で食べること | Trackback


12月2日、年に一度のお墓参りへ行きました。

湯河原へは、私の家からは、在来線と新幹線こだまとを乗り継いで、約3時間とちょっとかかります。
ちょっとした 小さな家族の決まりごと。
年にたった一度しか行けないけれど、子供の時からかかしたことのない 両親のお墓へと向かいます。

新幹線の中での一番のお楽しみは、富士山が見えるかどうか。
もう40年以上も行き続けているのだから、当然見えない日もあるし、よく見える日もある。
そして、40年以上も行き続けているのに 富士山という山を見たいという気持ちは消えることなく、その姿を見た時の興奮と感動は変わることがありません。
不思議な山、すごい山だなぁ。



e0348754_14160150.jpg


今年は 行きも帰りも、ハッキリクッキリ見ることが出来ましたよ037.gif

湯河原に降り立った時は、陽射しも強く ダウンもカーディガンもいらない、暖かな空気。
急な坂道を歩くと、じんわりと汗がでて来ます。
向かったのは、父母の眠る城願寺



e0348754_22533710.jpg


今年のお墓参りは、私とうちのオッチャン、そして姉の3人でした。
いつもは、姉のダンナさんも一緒なのだけど 今年は体調を崩してしまっていて・・・。残念。

それでも、毎年の家族の行事は滞りなく遂行できたことに感謝です。


e0348754_22534358.jpg






一年前の お墓参りの記事はこちらです。 ↓




城願寺のビャクシンの前で 一休みする お姉ちゃん

e0348754_07361014.jpg


お墓のお掃除を終えて、お寺を出る。
駅に向かう下り坂は 心なしか足取りが軽くなるのもいつものこと。
大事な1年の締めくくりのひとつ。


今回は3人で行ったお墓参り。
来年は また4人で行くことが出来るようにと祈らずにはいられませんでした。
これから10年、20年と 、まだまだ行きつづける 数少ない家族行事ですもの。





お昼ごはんは、ここ数年のお気に入りのお店 熱海の「魚匠 大西」さんへ


e0348754_07403356.jpg







[PR]
by butanekoex | 2016-12-07 07:42 | 日常のこと | Trackback

姫路港 ・・・帰省にて



帰省の2日目と3日目は 凝りもせずに 姫路港にて釣りをする butaneko夫婦でした。
好きでしょう~(笑)



e0348754_11171638.jpg



お天気は、相変わらず絶好調!



e0348754_11170082.jpg



義両親、今回は遠くに出かける気持ちにはならなかったことは 少し心配でしたが・・・。

「お前たち、港にでも行ってこんかい。でかいアジが釣れとうで。お父さん達はあとから行きたなったら行くさかい。」
と、お義父さん。
80歳をとうに過ぎているにもかかわらず、あとから自転車で港にやってきたことに ほっとする私達。
年齢ゆえの症状がある義母も一緒に自転車でやって来た。
この年齢で、自転車に乗って移動出来るなんて ありがたいことです。
そして、釣り好きの義父に釣り好きの息子あり。
だからこそ、こうして私も夫の実家への帰省時に釣りを出来る環境なのですね。ありがたいことです。




大きなアジが釣れているという情報は、近くの釣具屋さんの釣果情報でも確認済で、期待が大きかったけど
残念ながら まったく姿を見せてくれず008.gif

どうやら、前日くらいからタチウオがはいってきたらしい。
タチウオが港にはいってくると、今まで釣れていた魚が一斉にいなくなります。



結局、前日の平磯と変わらない小魚達と遊びました。




e0348754_19343118.jpg




そんな中、うちのオッチャンの竿が大きく曲がっている!


お!
でっかいのが来た~・・・!!!


e0348754_11191953.jpg




ですが、
期待も虚しく、かかっていたのは大きいボラ。


ぜんぜん嬉しくない・・・というか、釣りをしている時のボラは少々困りモノ^^;
何故、ボラが嫌われるかというと・・・。
コチラをご参考に。 ↓




勝手に釣っておいて嫌ってるなんて、ボラにとってもいい迷惑だわね^^;
でも、臭いのよ~。
冷やかしの見物人が「何が釣れた?」とばかりにやってきます。
しかし、ボラとわかるやいなや 「なんや、ボラけ」と一言残して去っていく(笑)


そんな のんびりとした港でのひととき。
いい休日でした。




e0348754_11274099.jpg





お腹が空いてきたので、庶民の味方、回転寿司屋さんに行くことに。

初めてはいった 「魚べい」さんのお寿司は、とても美味しかった。
ほんのり温かいシャリがほどよい甘さで、どのネタも新鮮でした。
ああ、カニ身だけは水っぽかったけど^^;

お義母さんの食欲に、またまた安心。大食いのbutanekoよりもたくさん食べていたかもしれないわ~^^
そう言えば、昨日の夜のおでんも 好んで牛すじばかり食べていた肉食お義母さん。
この食欲があれば、あと10年は大丈夫だねと、私達夫婦は目だけで会話した瞬間(笑)





日が暮れると、家でのんびりとお酒でも飲むのかと思いきや、
うちのオッチャンは1滴もアルコールを口にすることはなく(珍しいこともあるものです・笑)
またまた港に行きたいと言うのです。
どうやら、本当にタチウオがはいっているのかを 確認したかったらしい。

ならば私もお付き合い・・・と、いうか、タチウオを釣りたい!と、期待を胸に
仕掛けもタチウオ用に替えて出向きました(^^)





夜の 「姫路港 一万トン」

e0348754_11274272.jpg




ですが、、、。
急ごしらえの仕掛けでは、ひっかかりもしない。
残念ながら、タチウオの姿を見ることなく、撤収。
これも釣り。
タチウオの 刀のごとくキラキラ光輝くその姿をいつの日か ブログに載せてみたいと、夢だけを抱えて引き返すことになりました。
残念だわ!






さて、その翌日も お義父さんの一言「今日は何を釣ってくるん?」の一言に
帰省最終日であるにもかかわらずに またまた港へ。
しつこいね~、私達。そんなに釣りばっかで、飽きないの?・・・はい、飽きません(笑)
釣れても、釣れなくても、竿を出している時間が好きなのです(^^)


終始小物釣りに徹した 今回の帰省釣り。


e0348754_11452380.jpg

e0348754_11452172.jpg



可愛い魚と過ごした 3日間でした。









名古屋に帰る時間。

それは、楽しい時間が終わることが辛いのではなくて、年老いた義両親が 息子夫婦を送り出す姿を見るのが切ないのです。
家では 帰る時間ギリギリまで、
「肉、焼いたで。食べ」「ビール飲まんか・・。ああ、車ならダメやな。」
「なんか、持ってくもんなかったやろか。なんでも持ってきよ」
と、お義父さんとお義母さん。

車に乗り込む私達を 車が見えなくなるまで家の前で見送ってくれる お義父さんとお義母さん。








名古屋に向かう高速から見た ほの暗い空に、月がぽっかりと浮かんでいました。



e0348754_11463301.jpg











***~~~***~~~***~~~***~~~***~~~***



現在多忙につき(家でパソコンを使用する時間がなかなかとれません^^;)
しばらくの間コメント欄を閉じさせていただいています。

何かご連絡等ございましたら、少し前のこちらの記事のコメント欄に
がんがんとメッセージをお願い致します(^^)












[PR]
by butanekoex | 2016-10-21 07:00 | 釣りのこと | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko