タグ:山クラブ ( 43 ) タグの人気記事

西穂丸山へ

西穂高ロープウェイの始発に乗るための 名古屋出発は深夜1時半。
私は友達の家に前泊させていただき、4時間の睡眠は確保できるはずが
久しぶりの登山に 少々興奮気味で 1時間おきに目が覚める。
この感覚、まさしく小学生の時の運動会の前日・笑

目的地の駐車場には余裕をもって朝の5時に着きましたが、すでにたくさんの登山者の車で空いた場所を探しました。
やっぱり、すごく人気の山なんだなぁ。

登山口までは、楽々 ロープウェイで一気に2,156mまで標高を上げ
登山届を提出してから登山開始です。

これから山に登るという瞬間、目指す山並みを望む時、なんとも言えない高揚感に包まれます。





e0348754_10000893.jpg




初級コース、西穂山荘までは 特に歩きにくいことは無いという印象。
そう、歩きやすい道のはずなのに 私のなまった肉体にはかなりキツい。
めっちゃくちゃ しんどい。

友達は、楽しそうにおしゃべりしながら余裕で登っているのに、私一人でゼイゼイハアハア^^;
息があがって、途中で泣きたくるのを何度も我慢。
そろそろホントに泣いてやろうか!と思ったところで





目の前に、ぱぁーーーーーっと。




西穂山荘!


e0348754_11121253.jpg






はっはっはー(#^^#)
着いたぜ、山荘!
目標達成。軽いわ。
コースタイム 90分です。

と、ここからの景色を見たとたん、先ほどの泣きたいほどのキツさを一瞬で忘れるという調子の良さ。
実はね、ここまでで写真を撮る余裕も、周りを見る余裕もまったく無し。
なので、いきなりの山荘の写真です。
なのに、軽いわと言い切ってみる(笑)






さて、ここから先 「丸山」までのコースタイムは約20分。
行けるかな・・・?。
20分なら・・・行きたいな。


行ける、行ける!自己暗示。
15分ほど休憩を取った後、西穂丸山を目指して出発しました。






西穂山荘の向こうには、焼岳の勇壮な姿
さらに後ろには乗鞍岳


e0348754_10112308.jpg






歩きだして5分。
で、ポキッ。

いきなりの大きな岩のぼりの急登に直面し、ここで心がポッキリ、折れました。

「無理」と、足を止め
「山荘まで引き返して、私は一人でみんなの帰りを待つわ」
と、体を反転させたのですが、
友達は完璧な名古屋弁で、
「あきらめ早っ!! なに言っとんの~。まだ歩きだして5分じゃん、もう少し頑張ろうよ。この岩場はすぐに終わるて~」
と、私の背中をぐいぐいと押してくれるのです。
そうかな。もう少しだけ頑張れるかなと、なんとか折れた心をつなぎ合わせて。。。


その言葉のとおり、大きな岩場はじきに終わり、やがて歩きやすいハイマツの道にでました。
そこからは、あのポッキリの心もどこへやら。





e0348754_10302872.jpg




西穂丸山
丸い稜線のピークに着きました。
2度目の目標達成に、充実感。くーっ、泣けるわ。


諦めかけた気持ちをふるい戻してくれた友達に感謝です。


ここから、西穂独標が見えます。
さらにその向こうには 美しい三角、ピラミッドピークも。





↓の塊が独標です
その左には、三角形のお手本のようなミラミッドピーク


e0348754_10314885.jpg



少しだけ、ズームにすると
独標の上にたくさんの人が見えます

私には、毛がまばらに生えている何かの頭に見える・笑


e0348754_11053621.jpg





やっぱり来てよかった。
あそこで諦めて引き返していたら、この景色を知らずに終わるところだったのですから。





e0348754_11112323.jpg










お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-08-14 07:28 | 登山 | Trackback

夏山

e0348754_08134991.jpg




8月4日 土曜日 快晴!


晴れ続きの今年の夏

北アルプスの空は 深い、深い 青。





e0348754_05283022.jpg





この夏の猛暑を逃れるべく向かったのは 北アルプス 西穂高。

2年越しの夏山です。


西穂高口駅登山口(標高2140m) → 西穂山荘(標高2370m) → 西穂丸山(標高2452m) → 西穂独標(標高2701m)

いくつかの小さいピーク → ピラミッドピーク(標高2740m) → 西穂高主峰(標高2909m)


初級コースは独標までです。

独標から向こうは夢の世界、私は決して足を踏み入れることはありません。ははは。


しかも、もともと体力が無いところに加えてのこの連日の暑さと 万年運動不足で

この日は登山自体が大きな不安。完全に 自信喪失ぎみでした。

友達は、そんな私でも行けるだろうと

「まずは西穂山荘を目指そうよ」と、うまい誘い文句。

そうか。まずは一番近い目標地なら行けるかな、と

気合を入れなおして出かけたのであります。


私以外のメンバーは、独標まで、そしてピラミッドピークまでを目指すと言う

それぞれのレベルに合わせての山行。





名古屋の猛暑とは異世界の、すがすがしい1日が始まりました。










お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-08-11 08:20 | 登山 | Trackback
車山高原から白樺湖へ
フォトインストラクター同行のハイキングツアーです。





e0348754_13503628.jpg



白樺の白と、湖面に映る雲の白
太陽光の加減で白の対比を楽しみました。










1週間前に先生は今回のコースを下見に行かれ、撮影ポイントを確認されたそうです。
でも、このツアーの日までの数日で草刈りが行われたようで
撮影ポイントのひとつがなくなってしまったとのこと。
ベンチと植物がすごく素敵な場所だったそうで、先生は何度も残念だとおっしゃっていました。
そうと聞くと 私も残念。
その場を一気に通り越し、白樺湖沿いを歩きます。





e0348754_13410172.jpg






e0348754_14011657.jpg





e0348754_14004677.jpg





白鳥がいました。


e0348754_14045345.jpg





最後の撮影指導箇所の池の平神社に向かいます。
水の中に建っている鳥居は堂々として
蓼科山や八ヶ岳と共にこの湖を見守り続けているのでしょう。




e0348754_14090606.jpg





鳥居正面からの一枚


e0348754_14121057.jpg





山と鳥居を撮ろうとしたところ、
鳥居の上の部分が 後ろの山にかかってしまって
ちょっと残念な一枚になってました。


e0348754_14094229.jpg





神社での撮影も終わり
後は駐車場に戻るばかり。
その間の道々も、皆 なにか良いものを撮ろうと
カメラをしまうことなく歩いています。
水鳥とか、ルピナスとか、空き家とか。



空は雲行きが怪しくなってきて
時折 雷の音も聞こえだしました。





e0348754_14205759.jpg





7月 15日 白樺湖にて











駐車場に着いたとたんに、激しい雨が。
この雨は、私たちがバスに乗ってからもしばらく降り続き
「長野県記録的短時間大雨情報」なるものが発表されたとスマホに臨時のメッセージ。
濡れたのは、バスに乗り込むほんの少し。
これは、私の雨女を払拭できたということでしょうか。
それとも、最後に雨女パワーを炸裂させたということ?
深くは考えずに ご機嫌で帰途についた1日でした。




いつも思いのままに デジカメで撮りまくっています。
フォトハイキングツアーは今回が4回目。
いいカメラを持っている方々にいろいろ教えていただきながら
プロのアドバイスもいただける楽しい時間に感謝です。








お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-07-28 09:35 | 山歩き | Trackback
吸い込まれるような青空の下
もくもくぷかぷかの雲の下




e0348754_12025184.jpg




車山スカイプラザから 白樺湖方面に向かって
大自然の空気を満喫しながらのフォトハイキングツアー。

フォトハイキングツアーはその名のとおり
写真を撮ることが目的です。
決められた時間に決められた場所を通過すればいいので
ツアーの隊列を気にすることなく じっくりと撮ることが出来るのが嬉しいです。





だだっ広い草原を、思い思いに楽しむ。


e0348754_12255735.jpg



草原の遊歩道を歩いていきます。
ゴロタ石の道はつまづきそうになりますが、
緩い坂道で、特に歩きにくいことはありません。
おろしたての登山靴の試し履きにはぴったりかも^^



e0348754_12323963.jpg




目の前には どっしりとした蓼科山


e0348754_12225757.jpg




八ヶ岳連峰をバックに


e0348754_12321957.jpg



虫撮りは苦手なのですけれど、
絵になるので、何度か挑戦。
やっぱり難しい。
じっとしてくれ。



e0348754_12442835.jpg



あ、トンボ。


先生、このトンボ。
先生ならどう撮るのでしょうか?と聞いてみた。



e0348754_12465599.jpg



こうなりました。
山をバックに、縦のラインを強調。
「逃げるなよ、逃げるなよ」と、ずっと呪文のように呟きながら^^



e0348754_12483839.jpg






空が・・・半分青い


e0348754_12544712.jpg






7月 15日 車山高原にて





余談
コースの右下の車道の一部分に メロディーロード」と名のついた区画があります。
ツアーの添乗員さんの「メロディーロード」の説明がすごーく面白い(´▽`)
以下、私の記憶を思い起こして、添乗員さんの説明をメモしておきます。


メロディーロードは 車が通ると、音楽が聞こえる仕組みになっているからそう名付けてあるそうです。
知らない人は ほぼいないんじゃないかな~。
ふーふふー ふーふふふー (←ここでいきなりハミング・笑。)
これ、名曲ですよね。ほんとにいい曲ですよ。
なのにメロディーロードで聞こえるのはすごくすごく気持ち悪いんです。
何度聞いても、気味が悪くてね~。
ぞーーーっとするというか、おえーっとなるんです。
皆様、メロディーロードの横を歩く時は是非とも聞いてみてくださいね。気持ち悪いですから。




「おえーっ」って・・・(;一_一)

これ、おすすめなのか、すすめていないのかよくわからないんだけど(笑)
何度も「気持ち悪い」と言う添乗員さん。
面白すぎやないかーい。

メロディーロード、これはどう聞こえるか聞いてみるしかないと
興味をそそられたのは事実です。


で、どう聞こえたかはね。
ふふふ。ここでは言わないでおくー(#^^#)
気になる人は、ぜひともその場に行って 聞いてみてください。
メロディーロードがどう聞こえるかはともかく、スカボロフェアは間違いなく名曲です。


[PR]
by butanekoex | 2018-07-24 15:01 | 山歩き | Trackback

車山の青い空


暑い 暑い 暑い あっつーーーーい






e0348754_08305852.jpg





カメラインストラクター同行の
フォトハイキングツアーに行きました。

涼しいはずの 長野県
でも やっぱり暑い!

でもでも、楽しい。





e0348754_08344226.jpg




7月 15日
長野県 車山スカイプラザにて。











1年前の今頃は
1年後のことが想像できない自分でした。
今、こうしてこの記事を書くことができるのが嬉しいです。

最近 毎日普通に過ごせることへの感謝の気持ちを忘れつつある現実。
気持ちを洗濯できたらいいのにな。






[PR]
by butanekoex | 2018-07-24 15:00 | 山歩き | Trackback

ホシカッタ モノ


買ってしまったのであります。



e0348754_11424675.jpg






これ履いて 行く場所はすでに決まっているのだ~( ´艸`)






e0348754_11424695.jpg








登山靴を買い換えたいとずっと思っていました。


名古屋駅前の山ショップでね、
私に合う靴を2つのメーカーから選び出していただきました。
低山・日帰りが専門、登山は初心者であることと
予算を告げたあと
丁寧な採寸と試着、店内を30分以上も歩かせていただき
迷って迷って これだ!と買ったのが LOWA。
決めてはやっぱり履き心地。
足首のホールド感がとても良くて 膝痛持ちの私の足の疲労も和らげてくれると期待大です。
ただね、色がこれ1色。
願わくば 寒色系でと思っていたのでね。
でも、見ているとだんだん良い色に思えてくる。赤ワインが飲みたくなるわ。
じいやにちょっと良いチーズを用意させねば。
(私は ワインは飲めません^^;)
(じいやって、誰よ。

家に帰る道では 久々に嬉しい買い物をして きっと足が宙に浮いていたと思います。




[PR]
by butanekoex | 2018-07-17 07:29 | 登山 | Trackback

萩の花道





e0348754_08132400.jpg




6月 24日はものすごく良いお天気で
弥勒山からの眺望も最高でした。




御嶽山の頂上付近には 雲がかかっています。


e0348754_08181912.jpg




e0348754_08182496.jpg




右にカメラを移すと 中央アルプスもくっきり


e0348754_08183395.jpg






下山の道々では
今からが盛りとなる 萩の花があちこちに。





この角度から見る萩の花が好きです。


e0348754_12533984.jpg





これからの春日井の山、しばらくは 萩を楽しむひとり山歩きとなることでしょう。





e0348754_08134732.jpg





e0348754_08140371.jpg











あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-07-02 08:20 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

6月
コアジサイを求めて3度ほど 春日井三山に行きました。
9日に行った時は、可愛らしい薄水色の花はほんの少しで
まだ咲きはじめだと決めつけて
その翌週と翌々週に しつこく足を運んだりしたのです。





e0348754_13420893.jpg




でもでも

行ってがっくり。
9日よりも花が無いではないですか。



6月 16日

e0348754_13442817.jpg





9日に行った時でも もう終わりかけだったのかな。
と、思うと急に足に疲れが・・・^^;






6月 24日

e0348754_20544126.jpg




やっぱり花がありません。

通りすがりの常連さんが
「ひと月ほど前だったら、ふわふわの青い花がたくさん咲いてたよ」


・・・ですって。

ああ、そうか。
今年は春からどの花も 早めに花が咲いていたなぁと
今更思いおこしました。
そう。
コアジサイだけが前年と同じ時期であるはずもなく。





大好きなコアジサイ、今年見ることが出来たのは ほんの少しだけ。
とてもとても残念だったけれど、少しだけでも見ることが出来てよかったと思います。

花が終わった緑色も とてもすてき。





そして 萩とヒメジョオンはますます元気が増しているのでした。



6月 16日

e0348754_13530597.jpg


e0348754_13572675.jpg


e0348754_13570734.jpg





6月 24日

e0348754_21013893.jpg

この角度から見る萩の花が好きです。





e0348754_21084034.jpg






午前9時半
すれ違う人との挨拶の言葉は
「おはようございます」「こんにちは」

どちらを声にしようか迷います。
きっと 迷うのはお互い様でしょう。

「おはようございます」「こんにちは」「こ、こんにちは~」って感じになる・笑



e0348754_14021789.jpg





今年の梅雨は雨が少ない気がします。




e0348754_13585462.jpg

頭の上にいる葉っぱヤロー予備軍たち・笑








6月 16日
6月 24日
春日井三山にて





あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-06-26 08:34 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

線香花火

山の横道のコアジサイ




e0348754_13432441.jpg





線香花火のように儚げに感じます。





e0348754_13433143.jpg





はかなげ






e0348754_13433764.jpg








6月 9日
春日井市







umiさんの、「ゆるっと紫陽花fes」に ひそかに参加させていただいてます( *´艸`)






あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】
[PR]
by butanekoex | 2018-06-25 08:23 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

初夏のひとり山歩き

6月 9日 土曜日

梅雨入り宣言されたばかりの6月

早速の梅雨の晴れ間は
空の色も緑の色も とても濃いのです。



e0348754_11300033.jpg



落ち切った体力を回復すべく
お気に入りの低山ひとり歩きは

道樹山 → 大谷山 → 弥勒山
の 縦走。
私の足では、頑張って歩くと約時2間半。

この日は特に予定もなし。
ならば弱った足をかばいながらゆっくりと
時間を気にしないで歩きました。



e0348754_11384973.jpg



前日の夜は、かなりの雨が降っていました。
水たまりに映る緑を踏みしめて、第一歩。

e0348754_11392029.jpg



この日の同行者の葉っぱヤロー
情けない顔をしています(´艸`)

e0348754_11403800.jpg



6月...

この山を初めて歩いたのが 5年前の6月でした。
それまで私は山歩きなどもしたことがなく、自分の体力の限界もまったくわからない。
低山ということもありとてもナメていて
あっという間に脱水。熱中症。途中であえなく下山することに。
それがとても悔しくて、
そしてどんどん山にハマっていく~。



e0348754_11452385.jpg



初夏の山は、様々な小鳥達の声と
緑の香りにあふれています。
生命力を一番感じる時期でもあると思う。
かなり蒸し暑いので、ポカリスエットをこまめに飲んで、一歩一歩。



e0348754_11531281.jpg



e0348754_11535683.jpg



大好きなコアジサイは まだ咲き始め
ちょっと残念

e0348754_11554202.jpg


e0348754_11580130.jpg



野性的なのにとても可憐なコアジサイ
満開になる日はもう少し先でしょうか。




6月に この山に来る私の楽しみは、3つあります。
その中でも一番の楽しみは このコアジサイだったので
少し残念だったけれど




二つ目の楽しみ
ヤマボウシ

e0348754_12083197.jpg



コアジサイの咲いている ほんの少し先の頭上に
真っ白なひらひら。
ヤマボウシは今が見ごろとなっていました。

首が痛くなるほど見上げて、ズームで撮ってみる。
どの花も、私の身長より高い位置で咲いているので
どんなに頑張っても横からの姿がやっとです。
ま、いっか。


大きな木なので、全景をうまく撮ることができません。
ま、いっか。


e0348754_12103586.jpg



そして、三つ目の楽しみは

e0348754_12175120.jpg



萩は、これからは様々な道々で見る事ができるのでしょう。
けれど、私はこの場所の この角度から見る萩がもっとも好きです。
右の道に、山歩きの親子連れなんかがいると もう最高なんだけど
少し待っても 誰も来ないので(笑)
とりあえずはこの場所をひきあげる。



e0348754_12204232.jpg


e0348754_12290086.jpg



時に大きく、時にささやくように聞こえる野鳥たちの声とともに
ひとりで歩く 至福の時間。



e0348754_12291106.jpg









パソコンがダメになって数日。
うちのオッチャンがパソコンを使わずに過ごすことを我慢できるわけもなく、
お出かけから帰ると 新しいのが設置してありました。

はてさて、このパソコンは何年持つことでしょう^^;
でも、とりあえず私のタブレットこっそり購入計画も、今少し先になりそうです。

これは、新しいパソコンで書いた記事です。
スマホからブログ投稿 再挑戦するも、すぐにくじけてしまったのさ^^;


[PR]
by butanekoex | 2018-06-21 08:26 | 山歩き 春日井三山 | Trackback

うちのオッッチャンこと、夫と二人暮らしの50代。毎日を飾らずに暮らしたいと思っています。


by butaneko